<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

去年も結構アレな感じの成績でしたが

賢押杯ペーパーの出来を各所で晒している方がいたので便乗。

自己採点:今日記憶を辿った限りでは42/70
アニゲ:4/10
スポ:4/10
芸能:8/10
ライスタ:5/10
社会:6/10
文系:6/10
理系:9/10

……なんじゃこりゃ。
いかに当日はスポーツの波長が合わなかったかってことですねー。

「赤い悪魔」は「レッドデビルズ」では不正解だそうです。個人的にはあの問題でこれを不正解にされるのはちょっと腑に落ちないところではありますが、まぁ主催者裁定ですから致し方ないですね。
ちなみにペーパーで出たスポーツのジャンルは「テニス」「野球」「バスケ」「サッカー」「相撲」「競馬」「競歩」「バドミントン」「古武道」「水泳」とバラエティに富んだものでした。この問題配置では点数取れませんねー。ラグビーとかアメフト出てませんし、オリンピック系の種目が多かったのはいわゆる「問題の巡りが悪かった」というところだと思います。「マニング兄弟」とか訊かないか。無理か。

なお、芸能で落としたのは「荒野の七人」(こりゃいかんな)・「金丸座」(こりゃ知らんかった)、理系で落としたのは「オワンクラゲ」(これも知らんかった)でした。
問題作成する時には「時事系がっかり芸能」が得意技の一つなので、今回の芸能は波長が合ったってことでしょうね。ちなみに理系学問については事前に読んだ気がする問題がちょいちょい出ただけです。ドーピング乙。

ちなみに8月のプロアンサーズ合宿に持っていった問題からは「ハイドロプレーニング現象」「メガスター」の2つが的中しましたよ!
他にも「ギラン・バレー症候群」(「ゴルゴ13は罹ってない」とさいとう・たかをが言っていたのであの問題は怪しかったですが)「横手市」「FC東京」など意外と合宿絡みの問題が出たので、来年賢押杯で活躍したい人はぜひ合宿へ!(またやるんかい)

ということで、スポーツタワー上る皆様、私はご覧の通り全く赤くないのでお手柔らかにお願いしますorz
[PR]

  by jin31110 | 2009-09-30 17:41 | Answer×Answer

ミー氏、スポーツタワー総統選挙に立候補

「押して考え隊」のミー氏(29)が、今年も懲りずにスポーツタワー総統選挙に立候補することが、28日確実になった。

スポーツタワー総統選挙は10月10日(土)~12日(祝)の日程で開催。11日には天皇杯2回戦のFC東京-カマタマーレ讃岐戦が15時から味の素スタジアムで開催され、スポーツタワーの時間にかぶることについても「お前ら多答で【JFLのチームを選べ】でカマタマーレ積むなよ! 絶対だぞ!」と意に介さない。

タワー総統選挙は前回当選の駄菓子菓子氏の動向もさることながら、シュウ氏・ジョブーブ2氏・瑠璃氏・如意棒氏・よもぎ氏・キングヌノ氏・087氏ら有力候補が大量に出馬することが予想される。またこれまでのタワーとは異なり初日から休日に開催されることにより、先日開催された語学文学タワーよりも激戦が考えられ、221階が1つの分かれ目になるのではなかろうか。

ミー氏いわく「たまには【大会の人】という評価を払拭したい。自分を信じていれば勝利はついてくる」と鼻息も荒い。去年は終了を待たずして無念の再起不能(リタイヤ)してしまったが、今年は果たして?

(アルニャニーラ=共同)
[PR]

  by jin31110 | 2009-09-28 17:02 | Answer×Answer

タイムアップまで、諦めない。

J1第27節 東京 3-2 磐田

オンラインクイズ関連の皆さん、ここは元々FC東京ブログだったんですよ!

石川が簡単そうだったどフリーのシュートを外した直後のワーワー状態から流し込んで先制したはいいものの、権田がまさかのポロリ、その後李根鎬に(こっちの方が登録名として格好いい気がするんですが、読めないか)どフリーで決められた時にはどうなるものかと思ってましたが、対磐田戦最終決戦兵器は健在でした。

この試合、前半から達也を生かそうという意識が非常に強く見えた試合だった(特に梶山と平山の「うちの背骨」ライン)んですが、いかんせんカボレと違ってキープ力が足らず、ボールが入ったはいいもののロストしてしまうシーンが多く見られました。
ただ達也を走らせることによって相手のDFラインは多少なりとも下げられたんではないかと思います。スペースのない場面では赤嶺の方が生きると思いますが、その前段階でラインを下げる役目は果たせていたのかな、と。

平山が潰れて(インタビュアーは毎度微妙なことを聞きますが、お立ち台の人は毎回「予想のちょっと斜め上」を行くので、人選は楽しみではあります)石川が決めたシーンもそうだし、やっぱり平山が潰れて長友が決めたシーンもそうですが、カボレというスーパーな選手がいなくなってしまった現状、チームとして人数と手数をかけて点を取りに行って(椋原CBって本当なら失神ものですよ、その危うさにおいて)、結果が出たってのは非常に喜ばしいことだと思います。

赤嶺の決勝点についても、点そのものは長友からピンポイントクロスが上がった時点で勝負ありだったわけなんですが(何せ合わせる側は「体勢崩した状態でシュート打たせりゃ日本一」ですからw)、全員で勝ち点3にこだわった結果のゴールだったんだと思います。
やっぱり笛が鳴るまで諦めちゃいけないんだなぁ、と思いました。
(そういやこの前の賢押杯の決勝もそうでしたね。終盤のタイムアウトの時に解説のミーさんが「まだ何も手にしていない」と言ってましたが、別にクイズやサッカーに限ったことじゃないんだよなぁ)

今日はこれから舎人公園でサテライト見に行ってきますー。
コメレスは戻ってきてからの予定。
[PR]

  by jin31110 | 2009-09-27 12:11 | FC東京

とうとう速答プレッシャーの極意を発見しましたよ!

何だこれ

要するに

人差し指1本で押せばいいんじゃないか!
(今までは昔の爆破みたいに3本指使ってました)

というわけで、しばらくの間指1本で押してみます。
慣れたら3本に戻すかも。戻さないかも。
[PR]

  by jin31110 | 2009-09-26 00:41 | Answer×Answer

賢押杯2009に行ってきましたよ

【9月21日】
・フリバで読んだり押したり読んだり読んだり
・終わった後は秋葉原に移動して四方山坂?!さん、適当でした。さん、ヨープレイトさん、貴族、NNN君と飲んでました

【9月22日】
・9時に会場入り
・適当でした。さん「いやあ前日千葉駅で寝ちゃってねぇ。まだ目が赤いよ」「それ赤内障です」
・フリバで読んだり押したり
・会場内で四方山坂?!さん、適当でした。さん、リムリアさん、ヨープレイトさん、貴族と合流
・ペーパー自己採点は41点でした。「40は確実、そこから上積みがどれだけあるかな」と思ったら全然なかったorz
・しかも去年より正解率も悪く、TOP50落ちorz 来年は頑張りますかー
・合宿で作った問題がちらほら。一例を挙げると「ハリー・ポッターと謎のプリンス」「メガスター」「横手市」「ギラン・バレー症候群」など。ほら問題は作っておくもんなんです!(本当にお勧めです)
・1限はフランシス教室で。Einさん、鷹さんがいました
・ローリングは最終セット1抜けで差し切って4抜け
・部屋代表決定戦は2○後に2つめの×を付けるものの最後は大分押しを引っ張って押したら付いたんで答えて1抜けでしたー
・ン年振りに大人気ないガッツポーズをしてしまいましたがQMAプレイヤーが大会に賭ける気持ちも何となく理解できたような
・たまにはそれなりにクイズできるところを発揮しないと「王子の人」「大会の人」「解説の人」化してしまうんで、予選通過にはとても満足
・勝因のひとつは「部屋の進行が橙武者さんだった」ってこともあるのかもと本人にお伝えしましたが、ついうっかり本名が出そうになりますなw 苗字似てますしw
・ホールに戻っての情報は「ギヤマンの鐘さん勝ち抜け」「貴族勝ち抜け」「ペーパー1位の適当でした。さんがアタサバで自滅」
・2限は高見の見物ですがあのシステムは大変だなぁ
・通過とアタサバの決定の瞬間は涙腺が緩みそうになりました
・一緒に見学してたギヤマンさん、貴族と「うちらペーパーじゃだめだったんですねー」とがっかりトーク
・アタサバで凄い抜け方をしたサルタヒコさんと本戦1回戦で同室。ぎゃー
・そんな本戦1回戦はペースを崩してしまって自滅orz
・結局何答えたんだっけか、スポの問題で全然波長が合わなかったからなぁ。ローリング最後の答えは「宙組」、部屋抜けのウイニングアンサーは「未曾有」でした
・本戦1回戦の「FC東京」は3×の状態からでも答えましたよ! NECに振らないかとびくびくしてました(大分三好に勝ったのはFC東京ですが、大分三好がVプレミアに残る理由となった、昨シーズン限りで廃部になったチームは?)が、これ答えただけで来た甲斐があったよ!
・戻ってしのこさん他と適当にトーク。「去年に比べるとみんな強くなったねー」
・プロアンサーズからの本戦出場は四方山坂?!さん、適当でした。さんと合わせて5人でした
・準々決勝は見学せず、ぐだぐだプロアンサーズの人とトークしながら準決勝に
・はむ帽さんとは大体ここで「ご無沙汰してます」だなぁと思ったらプロ野球オープンも早押王もありましたな
・12月12日開催の「Two-Letter Code」を告知。というわけでfa1さん、もう引き返せません
・今年も告知で笑いが取れたのはよかったです
・今年のホールは準決勝から。今年の解説には「プロアンサーズ代表」なんて肩書きが付きました
・残念ながらAnAn勢は準決勝で全滅
・決勝は今年もDMPからしんほむらさんの優勝。おめでとうございました!
・早押し機を受け取って賢押盃に出発
・会場では色んな人と話しました。席の近くにいたのはリィガ君、アラジンさん、ミイラの呪いさん、あんぱんまんさん、他たくさん!
・Ixtab♪さん(あ、この日はイシュタムさんか)ともしばしお話。「後に続くプレイヤーがいっぱい来るといいですよね」
・来年の早い段階で熊熨斗×プロアンサーズの合同企画やりたいですねーとの内々諾(まだこれくらいでしょうかね)
・色んな方から「一度は王子行きたい」「一度はプロアンサーズ行きたい」とのお話を頂きました。1年経って大分認知されたもんだなぁとしみじみ
・SLCさんところに行ったら適当でした。さんと合流。「クソダイブが移る」って言われたorz
・言ったのSLCさんじゃないらしいよ! さあ誰だろう?
・ヨシダかばんさんに「例のアレYoutubeで見ました!」って言われました。またバレた!
・去年も言われた気がしましたが、りさささんに「ブログ読んでます!」って言われたんでちょっと更新頑張りますorz
・オペラオー君とは4年ぶりだそうでした(オペラオー君談)
・けーとさんのアンテナにこのブログが入ってるそうなんでAnAnWikiの大会情報更新はよろしくお願いします
・最後はパンサー鳥取さんを囲む2次会に出てから解散

参加された皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!
[PR]

  by jin31110 | 2009-09-23 12:12 | Answer×Answer

第1回王子チャンピオンズ・カーニバル 終了御礼

--飲み会の乾杯の口上で、ミー曰く
「斬新な形式で、斬新な参加者で、全く斬新じゃない人が勝った大会」

というわけで、第1回王子チャンピオンズ・カーニバルは無事終了しました。
「当日は雨」「32人枠余った」「当日ベラミさん不参加」という種々のネガティブ要因はありましたが(嫁曰く「ベラミさんが協力しないって言ったらもう二度と大会なんかやらせん」と)、何とか無事に終了することができました!
参加された皆様、ありがとうございました。
スタッフの皆様、ありがとうございました。

参加費500円という「恐らく過去のAnAnの大会の中で最も高い参加費」の大会でしたが(他にも「東京LL秋葉原2号店の大会とバッティング:これはきっと事故」「翌週に賢押杯、3週前にA-1というでかい大会の間に入った:これはわざと」というネガティブ要因もあったし)、29人も参加者がいたことには非常にありがたいと思いました。
何人かの方に感想を聞いてみたんですが、「絶対3戦出来るっていいよね」「人数もこれくらいでいいよね」「むしろA-1は年1回でいいよね」「飲み会もこれくらいの人数(当日は15人で打ち上げでした)でいいよね」という感想続出。
何せ参加者の1/3はスタッフですからねー。そりゃアットホームというかゆったり目の大会になりますわ。
30人近くがナムコランド王子のAnAnのシマにいるからそれなりに混んでたことは確かなんですが、A-1に比べると1人の占有スペースは倍以上ありますし。

ともあれ、A-1がこんなことになっちゃってる(80人の参加者枠が2分で満員とか)状態はそれはそれでありがたいんですが、これくらいのゆったりした大会もありなんだなぁ、と思ったわけです。
(今更A-1を32人にするわけにいかないし、自分が32人の大会立ち上げるのも何だし)

個人的には「目のない予選最終節」でも全力で戦っていただいたあるプレイヤーを見て、「いい参加者に恵まれてよかった」と思ったものです。

次があるかどうかわかりませんが(←テストに出ます)、次をやってもいい大会ではあるんだろうなぁ、と思いましたとさ。まる。

---

ああ、そういや皆さんの「予選ボーダー予想」はいくつくらいだったんでしょう?
個人的には14くらいかなぁと思っていたんですが、考えてみたら14って結構レアな数字ですよね。
(予選で2回の引き分けが必要でした。実はグループGのミーさんが最終戦で勝ち点3を取れば通過者の中で最小勝ち点になるところでした)
というわけで、ボーダーラインは15でございました。
(参加者29人中勝ち点15以上で予選落ちとなったのは、急遽5人になったグループAで「勝ち点16の4位」となった石川さんだけでした)
[PR]

  by jin31110 | 2009-09-14 18:58 | Answer×Answer

第29回高校生クイズ

ロケなし、敗者復活なしとか。しかも1回戦が純粋な正解数争いとか。

予選をもののはずみで通っちゃったお祭りチームは「なまじ行っただけかわいそう」な気がする

1回戦早押し誤答即敗退とかいう形式で強豪チームが消えていくドラマとか一切なかった気がします。エンターテイメントとして高校生クイズを楽しみにしていた視聴者は、クイズの残酷な部分だけを延々と見せられちゃったのでは、と心配しています。

---

上記は1年前の水無瀬ナルウ先生の「第28回高校生クイズ」に対するコメント。

これをコピペすれば足りるような気がするんですが、どうでしょう。
高校生クイズって30回で終わっちゃうのかなぁ。

「高校生クイズってーのは知力がちょっと足りないチームが体力とチームワーク(ウルトラ的には「時の運」)で勝ち上がっていくのを見るのが楽しいんであって、受験勉強だったら一人で部屋でやれ」とは嫁の言い分ですが、本当にそうだよなぁ……
何というか、クイズ研に席巻された時にそれに対する姿勢を作りきれずに終わってしまったウルトラと同じ匂いがするのは自分だけでしょうか。
全く見る気がしないがためにほとんど見なかった高校生クイズは15年ぶりくらいですかね。
[PR]

  by jin31110 | 2009-09-04 23:25 | 日常

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE