<   2008年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

An×An月報 9月版

9月の月報です。
クレ効率については大会参加クレジットを参入せんと意味がなかろうということで割愛しました。
(ちなみに早押し大会の参加数は90Crでした)
数字は例によって小数第6位四捨五入です。(画面上の数字は小数第5位切り捨て)

~2008/09/30
パワー +1345
順位分布 93-29-19-6(優勝率.63265 PO進出率.82993)
総合 342-124(.73391)
早押し 99-34(.74436)
フィニッシュ 12-4(.75000)
爆破 25-4(.86207)
ビジュアル 6-3(.66667)
奪取 18-5(.78261)
虫食い 14-6(.70000)
連想 21-11(.65625)
積み重ね 19-5(.79167)
チキン 13-6(.68421)
インフレ 16-18(.47059)
テクニカル 101-29(.77692 )

テクニカルやりましたなー。
大会の分と合わせたら間違いなく今月に関しては早押し以上にやってるはずです。
形式選択はとにかくテクニカル。決勝もテクニカル。出題ぱーとすりー。
「テクニカルの鬼」になるには最低でも100戦85%くらいはほしいですが、自分には無理だろうなぁ。

あ、最近休日は出現回数減ってます。グロいマッチを引くには平日夜の方がよさそうなんで。
でも雨の日は出かけるの面倒なんで、釣るなら「東京北部が晴れの日の平日21-24」くらいがいいんではないかと。

つかスポーツ大会はまだかー
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-30 15:43 | Answer×Answer

Answer×Answer 第3回王子チャンピオンシップについて

第3回王子チャンピオンシップは11/23で99.9%確定です。(店舗様のOKが出ました)

定数は前回同様64になると思われますが、前回は64枠が受付開始後12時間でブックフルとなりました。
受付日の告知は余裕を持って行いますが、頑張ってエントリーして下さい。

また、前回は64枠全ての方が当日来場され、キャンセル待ちの枠が空かない状態でもありました。
「来られるかなー」という方は「とりあえずの枠確保」を強く推奨します。
(無理ならそれがわかった時点でキャンセルして下さい)

※今後正式告知は改めて行いますが、受付は早くても10/25(土)24時以降になると思われます。

---

9月の成績を出してみましたが、面白くなかったので公開を躊躇しています。
単月7割超えてしまっていたので……
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-30 12:57 | Answer×Answer

優勝挑戦権は得た、だがまだ我々は何も手にしていない

J1第27節 札幌 1-2 東京

現地組の皆さん、お疲れ様でした。

チームの状態が悪い時に、得られる勝ち点を0から1に、さらには1から3まで無理やりにでも引き寄せることができるチームは、本当に強いチームだと思います。
そういう意味では、「勝ったのに試合終了後のロッカールームが反省会状態」というのはいい状態なんではないでしょうかね。
実際、猛省しなきゃいかん選手は一杯いますからねぇ……

エメOUT→羽生INの意図としては、前半にズタズタに切り裂かれていた左サイドの補修という意味があったんだと個人的には解釈しております。(羽生の肉離れで瓦解してしまったんですが)
こんなアクシデントがあっても勝ち点3をもぎ取っちゃうんだから、チーム状態はいいですよな。

個人的には浅利や茂庭にオフェンスを組み立てる意図を感じ取れるのが非常に嬉しいんです。
浅利はこの歳にしてまだまだ成長しているところを見せてくれているし(不用意なバックパスにだけ気を付けていただければ)、モニフィードも昔の(笑)な状態に比べれば随分しっかりしてきています。

残り7戦。
この時期に「勝っただけ」の試合にポジティブな価値を見出せる(「残留争いから抜けられるかな」ではなく、「優勝争いにまだ絡むことができる」ということで)ことは非常に幸せなことですね。
引き続き一戦必勝でいきましょう。
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-29 22:41 | FC東京

YFS2008 Week26

突然何でこんなエントリを立てたかというと……

【長年放置していたファンサカのクラブに気づいたら昇格争いしていた】

っていうしょうもない理由です。
(エントリーリーグだけどな!)

東京のエントリーリーグは現在4732チーム、我が【東京アンサーアンサー】は880位と昇格争いの真っ只中なんですな。(昇格ラインは上位20%)

今節はこんな感じにしてみました。
GK:塩田(C)
DF:長友、佐原、茂庭、徳永
MF:浅利、梶山、小川(鯱)
FW:カボレ、赤嶺、ヨンセン(鯱)

ちなみにうちのクラブで一番高年俸なのは塩田だったりします。ファンサカ的にはヨンセンより高いんですなぁ……

気が向いてる限りチーム晒してみようかと思います。
エントリがなくなったら飽きたんだなと思って下さい。
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-26 16:25 | ファンタジーサッカー

今朝判明の衝撃的新事実

うちの同居人とチーム「キノコバカ」の某ランカーの誕生日が一緒だった件について
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-25 08:30 | 日常

優勝挑戦権まで、とりあえずあと1勝

J1第26節 東京 5-1 磐田

こんなスコアになるんですかー……
いつの間にか、たくましいチームになりましたな。
あたしゃ嬉しいですよ。

エメ→カボの絶妙スルーパス→絶妙シュートで先制、なぜかあそこにいた佐原さんのシュートで2点リードするも、石川の痛恨のクリアミスから前田に決められて2-1で折り返し。前半は特にディフェンスに入った時にフワフワしてる感じがあって、結果的には石川のミスになってしまったわけなんだけど、たまたま石川がやらかしちまっただけで、ひょっとしたら別の誰かがやっててもおかしくないって感じではありました。

後半頭に押されつつも、カウンターからカボレ→石川の早いクロスがOGを誘発して再び2点差。さらにカボ→石川の同じパターンで今度は正真正銘石川のゴールで4-1に、その後は磐田のクリアミスを鈴木がかっさらい、川口をかわして5点目と、気付けば祭りとなったゲームでした。

いや、時代は変わったもんだ。
つか、そんなに去年とメンツ変わってないはずなのに、あの強かった磐田はどこ行ったんですか?

DF陣に大きな破綻がなかったのも大きかったんですが、それ以上にカウンターをきっちり決めきれたところにチームとしての成長があると思わずにはいられません。
やっぱりカボレはうちのチームにいなくてはならない存在だと思うし、赤嶺・今野・羽生抜きでこれだけ出来るってことはそれだけ層が厚くなったわけだと思います。
次節は平山がサスペンションですが、赤嶺が戻れるらしいですし、札幌には申し訳ないですが厚別で勝ち点を3積み重ねて、優勝への挑戦権を獲得したいもんです。

残り8節、首位までの勝ち点差は6です!
あ、そういえばすっかり忘れてましたが、佐原とスズタツの借りパク大作戦もしっかり決めないといけませんな。
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-23 22:11 | FC東京

Answer×Answer2をプレイしてきましたよ!

予選1回戦:4人チキンレース(4問)
1位10ポイント(ビンゴの場合+5ポイント)、2位5ポイント。
形式やシステム自体は悪くないんではないかなぁ。
回収乙の心配はチキンをやる限り付きまとうものだし。

予選2回戦:あまのじゃくクイズ
正解10ポイント(単独正解の場合+10ポイント)
6つの選択肢の中から正解が3つ、そのうち他人とかぶらない正解を選んだら20ポイント。
多分無理やりにでもバッティングを発生させたいんだろうけど、選択肢6個はさすがに少ないような、それ以上に単独ボーナスが大きすぎるような。

この2回戦ではそれぞれラウンドの1位から順に(6-4-2-1)のスターが与えられる。
同着の場合は上位のスターの個数が適用される。
例:1位2名同着の場合 6-6-2-1

逆転ラウンド:4人早押しクイズ(一部文章を改めました)
4問限定の様子。
スターがどうこう言ってますが、点差に換算すると要するにこういうことです。
単独正解:4ポイント
2人正解:2ポイント
誤答:-1ポイント
要するに誤答のペナルティが甘すぎるんですな。現状のシステムでは「とりあえず飛び込んどけ、誤答したところで他とそんなにポイント差広がらないから」というバカ押しが(特に2位抜けでよしとする人には特に)蔓延しそうな気がして嫌だなぁ、と思います。実際には1問の正解不正解でスターの差は5個開くわけなんですが、ここの按配がどんな感じなのかは1回のプレイでは判りませんでした。
あ、スターの数が同数の場合の順位はタイピング速度の合計で決定されてました。同着決定くらいであればタイピング速度を使ってもいいかなと思います。

決勝ラウンド:早押しor連想orビジュアル
30ポイント先取、6問限定でした。
これも問題数が少なすぎて淡白な気がしました。

とりあえず自分の感想としてはこんなところです。
まぁ「やっぱセガだなー」というところも思わなくもないんですが、さすがにやってみてあまりに問題なところは改善すると思うんですがねぇ。どうなんでしょう。
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-21 21:54 | Answer×Answer

無にならなかった置き土産

J1第25節 川崎 0-1 東京

プロアンサーズと競馬ネタへのレスは少しお待ち下さい。
あとAMショーに行った際のAnAnネタも。
とりあえずまずはここから。

負傷退場にも過度のホームタウンデシジョンにも負けず、よく頑張りましたよ。
開始5分で赤嶺が先制、その後赤嶺の負傷退場、今野の退場のあたりまでは「リードしていたものの完全に攻められっぱなし」の展開。
試合に一本しっかりとしたビジョンが見えたのは今野の退場のあたりから。
後半開始時点で「もうこりゃ4-4-1にしてがっちり固めるんだろうなぁ」と思っていた通り、トップにはカボレ1枚だけ、平山を左MFに配置して2ラインで守備ブロックを形成して固め切ることに成功しました。

カボ→スズタツ、エメ→藤山という交代はメッセージとしては非常にわかりやすいものでした。
個人的には左後ろで前半ずっと「早く中に入れてよー」と絶叫してたオネーサンが完全に黙ったあたりがツボではありましたが(いい意味でね。さすがにあれでまだ攻めろと言ってたらサッカー脳が足らんと思うところでしたので)、「ゴールをーねーらえーえーえー」なんてチャントを歌いつつも、本当にゴールを狙ってほしいと思っていた人がどれくらいいたもんでしょう。
それくらい昨日の後半は痺れる守備を見せてくれました。

本当に強いチームはいかな不利な状況であっても勝ち点をもぎ取って行くところに強さがあるんだと思っておるのですが、この日の東京にそれを垣間見ることが出来たことが何より嬉しいわけです。
中2日で磐田戦となりますが、まずはこの勝利をかみ締めておきましょう。
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-21 10:56 | FC東京

ぼくけいばのことなんかまったくわかりません

ツインターボ
主な勝鞍:1993年オールカマー
七夕賞では前半1000mを57秒4という驚異的なスピードで逃げ、4馬身差の快勝。オールカマーでも大逃げを打って5馬身差の勝利。その破滅的な逃げのスタイルでファンを魅了した。

サイレンススズカ
主な勝鞍:1998年宝塚記念
大逃げで勝ち続けた稀代の逃走者。1998年に6連勝で臨んだ天皇賞(秋)でも超ハイペースで逃げるが、大欅を過ぎたところで左前脚を粉砕骨折、無念の予後不良となった。

ミホノブルボン
主な勝鞍:1992年皐月賞・東京優駿
戸山為夫が作り上げた芸術。その類まれなスピード・スタミナ・そして勝負根性を併せ持ち、距離の限界を打ち破ってクラシック2冠を逃げ切った。

マルゼンスキー
主な勝鞍:1976年朝日杯3歳ステークス
デビュー前から脚部不安を抱えていたものの、抜群のスピードで8戦8勝の成績を残す。中野渡騎手の「28頭立ての大外枠でいい、賞金も要らない、ダービーを走らせてくれ」と語った逸話はあまりにも有名。

プリティキャスト
主な勝鞍:1980年天皇賞(秋)
人気薄の天皇賞(秋)で単騎逃げを打ち、向正面では約100mのリード(当時の天皇賞は春秋ともに3200m)を奪う。そのまま7馬身差を付けての逃げ切りに成功。

カスケード
主な勝鞍:1995年朝日杯3歳ステークス、1996年皐月賞・NHKマイルカップ・東京優駿
美しい青鹿毛を持つ「黒い殺し屋」。朝日杯ではミドリマキバオー・アマゴワクチンとの競り合いから抜け出して勝利。日本ダービーではミドリマキバオーと同着の死闘を演じた。

エイシンワシントン
主な勝鞍:1996年CBC賞
内に故障を抱え、外には超一流のスプリンターに囲まれた中で逃げ続けた「無冠の強豪」。1996年のスプリンターズステークスではフラワーパークに1cmゴール前で交わされ、戴冠はならなかった。

タップダンスシチー
主な勝鞍:2003年ジャパンカップ、2004年宝塚記念
不足する瞬発力を淀みのないスピードと持続力でフォローした晩成の強豪。出走したレースでは安定して早いペースを作るため時計が早くなりやすく、しばしばレコードタイムのペースメーカーとなった。

サニーブライアン
主な勝鞍:1997年皐月賞・東京優駿
人気薄の皐月賞で逃げ切ったもののフロック扱いされ、ダービーも人気薄。しかし杉本清の「各々方油断めさるな、逃げているのは皐月賞馬だ」という実況に違わずダービーでも逃げ切りを果たす。

サルノキング
主な勝鞍:1982年弥生賞
1982年スプリングステークスではそれまでの先行レースから突如追い込みに変更、これが2番人気であったハギノカムイオーのクラシック出走権確保のためではないかと八百長疑惑がかけられた。

メジロパーマー
主な勝鞍:1992年宝塚記念・有馬記念
一時期障害に転向するも、平地競走に復帰してグランプリ2勝を飾った「遅れてきた逃亡者」。共に人気薄だった宝塚記念・有馬記念で逃げ切りを果たした。

ストラテジックチョイス
主な勝鞍:1995年アイリッシュセントレジャー、1996年ミラノ大賞
前からの競馬を得意とし、ヨーロッパでGI2勝の成績を残す。来日した1996年のジャパンカップでは3着に入線したことより馬柱の文字数制限による「ストラテジックチョ」の印象があまりに強烈。

【昨日:+26(残-138)】
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-19 11:14 | 日常

そういや

次回のプロアンサーズは11月2日(日)@王子を押さえました。
次回のA-1 Climaxは11月23日(日)@王子開催で調整しています。

どっちも確定の青ランプが出次第改めてお話します。
本当に右手の小指が痛くて痛くてキーボードを叩くのも不便でしょうがないのですorz

【昨日:+91(残-112)】
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-17 23:12 | 日常

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE