「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧

 

家本は能力の問題だったが、西村は人間性の問題

西村主審が大分選手に暴言「死ね」/J1

技術的に問題があるから再研修。
基準に適合できないから再研修。
逆に言うと、「向上できる余地があると思われるから」こその再研修だったんではないかなーと思うわけですよ、家本の場合は。(本当に「向上できる余地」があるのかどうかはこの際措いておくとして)

でもなー……これはなぁ。
よしんば「死ね」じゃなくて「散れ」って話にしようとしても(2chでもそんな話書かれてましたね。苦しい言い訳だと思います)、そんな高圧的なレフェリングでピッチを治められるかっていったら無理だと思うわけですわ。
ただそんな背景があったのであれば、昨日シャムスカが激昂していたのも無理はないんだなー、と。(シャムスカがあれだけ審判に噛み付いたことって今までなかったんじゃなかろうか。ちなみにそんなこと全然判らんG裏で自分が思っていたことは「向こうが勝手に抗議で時間潰してたのにロスタイム4分も取るなよ」でした)

西村って甲府-C大阪戦でもやらかしてて浦和-鹿島戦の主審外されてて、今はいわば猶予期間だったわけでしょう。
その間にこんなことされては、誰も審判を信用なんかしてくれませんよ。

別に全ての審判が素晴らしいジャッジができるなんて望んではいません。(理想としてはもちろんそうなんだけど、さすがにそこまでは)
基準が審判によってばらばらでもしょうがない(ある程度のブレはありますよ人間だから。野球のストライクゾーンだってそうだし)ですが、ある程度納得できる中で試合中のブレが少なく、選手とコミュニケーションを取ってもらえれば納得するんです。

カードでしかコミュニケーションを図ろうとしない主審なんざ「(自主規制)」って言いたくなりますよ。

リーグはどう処分するんでしょうか。
「西村ダメ審判」のイメージがもう人口に膾炙してしまったこの状況で。
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-30 13:05 | サッカーその他

欲を言えば切りがない

J1第9節 東京 1-0 大分

まぁ、試合展開的にはもっと大差で勝てた可能性があったゲームかも知れません。
ただ、2点もポストに嫌われた上にあれだけがっつり引かれた相手に対してきっちり勝ち点3を得られたことは評価していいんではないかと思うわけです。

東京として一番怖かったことは「前半ぐだぐだ凌がれた後に後半のふとしたことでゴール前でファール与えちゃったところから鈴木慎吾の一発」って感じだったんではないかと思うわけなんですが、赤嶺がそのプランを見事に破綻させてくれたのが良かったですね。
結果として大分は裏を狙うくらいしかすることがなくなってしまった感じでした。

スコア差以上に現在の力の差を見せられたグッドゲームだったと思います。
もちろん「いやこの試合3-0で勝てただろ」とかいう話はなくはないと思うんですが、日本平で微妙な負け方してしまっただけに、今日の試合で勝ち点3をきっちり挙げられたことの方が大きいと思います。

あと西村はねぇ……
もともと不安定なレフェリングしか出来ない審判ですが、結構うちもカボやら長友やら削られていたんですよねぇ。
今回はたまたまうち有利に笛が振れたんだと思います。
いいクオリティの主審であればこんなことは起きないと思いますが。

塩田 6.0 数少ないピンチにも危なげなく対処し久しぶりの無失点
徳永 6.0 再三いい上がりを披露。全力プレイさえしてくれればJ屈指のSBですから
佐原 6.0 空中戦の強さはもとよりいいラインコントロールで大分を封殺
茂庭 6.5 多少は以前の対人の強さが戻ってきたかな? やってもらわなければ困る
長友 6.0 ここからさらにすばらしい働きができるか。今日の出来は合格だがまだまだ
梶山 6.0 中盤でさらわれる大ポカを除いては比較的「いい梶山」でした
今野 6.0 いい動きで中盤を支配。大分に裏へのボールを強いていた
金沢 6.0 中盤のいいチェックとキープ力でいいアンカーの働き
→浅利 -- 金沢の役割を引き継ぎ後方でゲームの締めに専念
栗澤 6.5 前々節に比べると見違える動き。中盤で動きを増やしプレースキックも上々
→大竹 6.0 チームが守備的になっている中でカウンターをしっかり狙っていた
赤嶺 7.0 前半早々の得点でシャムスカのプランを破綻させ貴重な勝ち点3をゲット
カボレ 6.5 前線の起点となり大分DFラインに脅威を与え続けた。あとは得点
→川口 -- ゲームの締めに投入され自分の役割をきっちり果たす

城福監督 6.0 勝つべき試合をきっちり勝ちきって連敗ストップ
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-30 00:37 | FC東京

Rocket Dive

AnAnでダイブダイブ言われてるので、こんなことを思い出しました。

「Rocket Dive」といえばHideの名曲ですが(個人的にも好きな曲です。一瞬のスパーク!)、その曲が出た頃である10年くらい前に、当時働いていた雀荘のメンバー間で「ロケットダイブ」という言葉がありました。(多分あれは下北沢だったかと思います)

「ロケット」という10円ポーカーの店があり、そこに金持って突撃するから「ロケットダイブ」、と。

あ、自分が行ったわけじゃないですよ?
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-28 17:41 | 日常

全体を通しての調子は良かったのでダイジェストで

・本日の全米が泣いたかも知れない
横でやってた同居人が適当な人やらよもぎさんやらベラミさんやらに可愛がられていたこと

・本日の懺悔
えびいちろさんとのビジュアルでの馬鹿ダイブ。昨日の松嶋さん相手といい少し自重した方がいいのかなぁ……

・本日の勝ち逃げされた
適当な人にビジュ投げることにとうとう成功したもののビジュで完敗し、次クレでリマッチを望んだものの3戦目時点で先方にPO進出の目が残ってなかったこと

---

ところで、こんなシチュエーションってどうしたらいいんでしょうかねぇ?
・決勝のビジュアル(まぁ連想でもいいですが)
・残り時間17秒、自分1位抜けで30-20とリード
この状況って、ダイブが間に合えば7問目に突入する可能性は充分あるわけなんですが、ここで例えば「何のスポーツをしているところでしょう?」が出た場合、ダイブしますか?
ダイブが成功しさえすればほとんど勝利確定なんですが……

まぁ多分その時点までに点差を付けられなければよいんでしょうが、どうも自分がリードする立場になってしまうと、なぁと。(逆のシチュエーションの場合は特に何にも考えないんですが。残り17秒で10点ビハインドなら当然ダイブしますし、相手との0秒押しに負けたら「それまでに点差を付けられたのが温かった」と思うだけです)

まぁ、何にも考えずに普段通りやるのがいいんでしょうなぁ。
普段通りやるとどうしてもダイブ気味になってしまうのはどうなんだろう、という気がしますが。
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-28 00:33 | Answer×Answer

対応力の問題か、それとも

J1第8節 清水 0-1 東京

雨の日だったのに、雨のサッカーが出来ていたのかといえば、答えはNOだったんではないかと思います。
清水が西澤にシンプルに当てて来ていたのに対し、中盤が作れないままリズムまで崩してしまったなぁ、というのが前半の印象。
ロスタイムの失点は非常に痛かったとは思うんですが、あれだけコーナーキック打たれてればいずれ決まるだろう、と。とはいえ前半凌ぎきっていれば切り替えられた可能性もあったわけで、結果的には非常に重い1点になってしまいました。
どうにも大竹のサイドが結構がっつり狙われていて、大竹のケアをするあまり長友が本領を発揮しきれなかったところが残念でしたね。

後半のオフェンスは悪くなかったとは思いますが、フィニッシュまで持っていけなかったことが気になります。
重馬場のサッカーはまだ不慣れなようで、今日の敗戦の遠因は東スタンド側の雨乞いらしき清水サポのマスゲームにあったのかも知れません。(んなこたーない)

塩田 5.5 あれだけ凌ぎきっていたのだから無理は承知で失点は防いでほしかった
徳永 6.0 右サイドから再三のオーバーラップ。あとはクロスの精度を
佐原 5.5 西澤のポストプレーを止めきれず。後半はよくなったが
藤山 5.5 いいインターセプトを見せていただけに前半最後の失点が勿体無い
長友 5.5 左サイドが押し込まれ対応に追われる。オーバーラップしきれず
梶山 4.5 久々に見た「悪い梶山」。ここがキープしてくれないとチームが落ち着けない
今野 5.5 いいカットは見せていたのだが中盤を支配するまでには至らず
浅利 5.5 まずは自分の仕事場をきっちり制圧してほしい。前への意識はよかった
→森村 5.5 やるべきことははっきりしていた。キックの精度が上がれば期待が持てる
大竹 5.0 オフェンスで自分の持ち味を出せず後手後手に。完全に狙われた
→平山 4.0 やるべきことがまるで判っていない。お前がサイドに流れて何が出来るのか
カボレ 5.0 前線で起点になれず。もっとゴールに貪欲になってもいいのかも
赤嶺 5.0 あと一押しが足りなかった。判定に抗議するよりグラウンドで結果を

主審に関してですが、こんなもんでしょう。
スタンドからは多少清水よりだったような気もしますが、前半は相当イエロー出すの我慢してましたし、後半は倒れる→笛を吹くみたいな感じになったのも致し方ないかなぁと思います。(少なくとも下品なコールをするレベルでは全くなかった)
むしろ決められなかったFW、作れなかった中盤にあった問題をしっかりと分析して火曜日に備えた方がよっぽど有益です。

切り替えて、次へ行きましょう。

PS.パルちゃんショーはよかったし食い物も美味かった日本平。これで勝ち点さえあれば……orz
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-26 23:14 | FC東京

釣られました!

セガワールド静岡にてカピバラさんに遊んでいただきましたー。
店内戦で空気読まなかったり全国行っちゃったり、長いこといられませんで申し訳ないですorz
今度は味スタに遠征に来られた際にぜひ!

サッカーの話は帰ってからにしますorz
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-26 18:30 | Answer×Answer

日本平

b0075600_1142388.jpg

ピッチ近いですねー
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-26 11:42 | 日常

清水駅

b0075600_1184531.jpg

パルたん愛でにいてきまつ
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-26 11:08 | 日常

その志、いまだ道半ば

川崎オフィシャル:関塚隆監督 辞任のお知らせ

その無念さは、察するに余りあります。
まずはゆっくりお休み下さい。

関塚氏の勝ちに貪欲なスタイルは「そこまでして勝ちにがっつくなや格好悪い」と思う反面、去年のように自分の応援するクラブが勝ちに拘らない時にはやけに眩しく見えたものです。
いつの間にか川崎は戦う集団へと変貌していたわけなんですが、その裏では心労と戦っていたんでしょうね。

本音を言うとです。
多摩川クラシコで戻ってきた関塚氏を相手に、スティーブンの「Manager, Takashi Sekiduka.」のコールにスタジアム全体で拍手を送り、その上でボコボコに出来れば、と思っていました。(当初は検査入院後に復帰すると思っていたので……)
その野望は叶わなかったわけですが。

とにもかくにも、いずれまたピッチに元気な姿を見せてくれる日が来ることを、他サポとして祈念しております。
2007年の屈辱を返す相手は、関塚氏しかいないのですから。

【以下蛇足】
フッキに関しては本当にただの我が儘だったわけですか……
弁護したのがアホらしく思える今日この頃でした。
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-25 10:54 | サッカーその他

残り29

現在語学文学を育成中です。
正直、過去に育成したジャンルに比べて全くやる気がせんのですがorz
主戦のスポ・自然科学・趣味雑学はそれなりに守備範囲だったし漫アゲも手が届いてたんですが、語学文学って全然得意ジャンルと違うわけですよ。

というわけで、
・今勝つ気なら爆破以外で語学文学を!(際どいところは全部スルーですから)
・爆破では語学文学投げます!

GP育ち切ったら即終了ですが。
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-25 00:43 | Answer×Answer

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE