「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:競艇( 5 )

 

全国24競艇場めぐり 8番・9番札所

というわけで何をどう思い立ってこんなことになったのかはもはや忘れておるんですが(多分「おらどっか旅に出るだー」とかふと思ったんでしょう)、6/6・7の両日を利用して#11(びわこ)・#12(住之江)にお邪魔します。
個人的には戸田・多摩川・平和島・江戸川・福岡・常滑・宮島・桐生に続いて9箇所目&10箇所目に当たるんですが、諸事情により福岡はなかったことになってますんで、札所としては8・9ってことで。

でもこれまで旅打ちで勝った試しがないのは困ったもんですorz
(同行者の方は前回の桐生でほぼ万舟を300円当ててたり、旅打ちでは強いんですが)

初日は朝に東京出て、京都まで新幹線、その後びわこに向かいます。
朝のレース見て、ちょっくらゲーセンにでも行って、その後はよくわかりません。

2日目は朝に清水寺行って、午後から住之江行って、京都戻って京都タワーにでも上って帰ってこようかと。

というわけで
[PR]

  by jin31110 | 2009-05-29 15:37 | 競艇

妹尾達也、鵜飼菜穂子、山崎昭生

今年の競艇名人戦@宮島ですが、とうとう自分でも名前を知ってる人が「ベテラン」として出てくることになっちまいました。

妹尾は艇界一のスタート屋。平均ST0.12とかあり得ませんから!
(普通の一流選手のSTは0.18±0.1くらい。0.15は「相当早い」)
もう妹尾も名人戦なんですなぁ。おっちゃん達をスリット戦でひっぺがしてくれるようなレースを期待しとります。

鵜飼は女子初の名人戦出場。そう、競艇選手は年齢も体重もサバ読めないわけですわ。
鵜飼は女子王座→名人戦のハシゴも決まっており、どちらかで優勝すれば総理杯ですな!
条件的に女子には厳しい総理杯ですが今年は横西・淺田の2名が出場です。女子王座・名人戦の結果によっては女子が4人になる可能性がありますな。
どうしてもSGクラスでは女子はきついものがありますが、応援してますよ。

山崎は第4回新鋭王座の優勝者。新鋭から18年経て今年は名人戦です。
2年後には今村(第2回)・西島(第3回)・山室(第1回)と錚々たるメンツが名人戦に殴りこみ。この頃には名人戦の勢力図は大分変わってるんでしょうな。

つか、新鋭も女子王座も名人戦も全部関東以外ですかorz
せめて1つは・・・
特に新鋭はいい加減関東でやってくださいよー。(第1回平和島・第2回多摩川の後は開催なし)
[PR]

  by jin31110 | 2008-01-26 10:01 | 競艇

植木通彦、引退

植木が記者会見で正式に引退を表明しました。

植木といえば、かつては「艇王」の二つ名で知られた名選手なんですが、ここしばらくはSGドリーム出場→予選道中で勝てない→途中帰郷の3連コンボばっかりを炸裂させてましたな。
(最後にSG取ったのは一昨年の笹川賞でした)
そこへきて今年の総理杯優勝戦でF切って今年はSG乗れず、来年の選考にも当然影響を及ぼすわけで、今からドサ周りするのは耐えられなかったんでしょうなぁ。

個人的には旬を越えたベテランというか、大関から陥落したけど若手にゃまだまだ負けんぞって言ってる力士みたいなイメージだったんですが、考えてみりゃ名人戦に乗る植木ってのも想像付かないわけで。

ただ間違いないのは、若いながらも植木の場合は「やることやって、これからもやる」的な感じが見えていて、「惜しいなー」と思わせてくれること。
どっかの誰かみたいに自分探しに出る必要なんてないんですな。

やまとの教官にでもなるのかね。まぁ、応援してますよ。
舟券的にはあんまり応援した覚えありませんでしたが。
[PR]

  by jin31110 | 2007-07-19 23:12 | 競艇

飽くなき執念 【競艇名勝負列伝 #1】

2004.12.23 住之江12R 賞金王決定戦

進入:IN125/346OUT
1着 6 3556 田中 信一郎
2着 3 3307 上瀧 和則
3着 4 3590 濱野谷 憲吾
4着 2 3388 今垣 光太郎
5着 5 3415 松井 繁
6着 1 3285 植木 通彦
払戻金 2連単 6-3 12370円(30人気) 3連単 6-3-4 51,870円(117人気)

競艇を見始めた人にはぜひ最初に見てほしいなぁ、と思う名勝負。
自分も競艇初めて長いわけじゃないけど、このレースはそんな中でも相当強烈に残ってるレースです。

1号艇に植木が構えるも、イン屋の上瀧が3号艇、今垣だってやすやすと2コース譲らないだろうし、でも松井も行くよなぁ、松井行ったら田中もついて行くよなぁ同郷だし、したら濱野谷が6コースかなー・・・とか思ってスタート予想してました。(多分予想的には1356/24とかだったと思う)
スタート予想だけで相当お腹いっぱいになったレースだったんだけど、レースも見所がいっぱい。
スタートで先行した上瀧が内3艇をブッ叩く。松井がモロにかぶせられ、今垣があおりを食らって1Mを外す。植木がマイシロを失って1Mのブイに激突、それに松井が乗り上げる。外の濱野谷は上瀧にツケマイを仕掛けるが届かず、代わりに植木と松井がやりあったおかげでインにぽっかりできたスペースを田中が美味しくいただく。
バックストレッチ~1周2M~ホームストレッチではマクリを決めた上瀧と田中のラップ。
そして2周1M、上瀧がわずかに外したターンマークを田中が突いて逆転!  2Mでマクリに構えた上瀧を田中が先マイで制して勝負あり。「終わりよければ最後よし」の賞金王V3を決めたレースでありました。

田中信一郎はこれまでSG4勝だが、うち3勝は賞金王決定戦。
去年はなかなかSG戦線で見られなかった(一応シリーズでは準優出してたんだなぁ、でも特選Aで勝ってもなぁ)けど、今年は平和島の総理杯から見られそうなんで、楽しみですな。
個人的にツボに嵌ったのは「謎の中国人ワン・チャンス」発言でした。(以後田中信一郎は自分と彼女の間では「ワン先生」呼ばわりです:証拠

早く記念戦線戻っておいでー。
って競艇記事は人気ないんでしたっけ>drkato様
[PR]

  by jin31110 | 2007-02-02 22:59 | 競艇

頭を垂れる賞金王

第21回賞金王決定戦
優勝 1 松井繁 3連単1-6-4 9,800円

いや、強かった。
進入は予想通りの枠なり3-3。まぁスタートで競る奴おらんし魚谷が松井をガードするだろうから当然ですな。
スタートで半艇身リードした5(中村)がマクリにかかり、巻き込まれる形で4(瓜生)もマクリ、その時点で行き場がなくなった3(智也)と2(魚谷)は終了。だがしかしマクリは1(松井)までは届かず、漁夫の利で6(坪井)が2着目に。あぁこんな1-6があるのねー。

まぁ予想は大ハズレ(そういや結局有馬買いました。ええポップロック買わなくて当たりませんでしたとも)だったわけだけど、リプレイ見て松井がゴール直前にガッツポーズした後に客席に向かってお辞儀していた姿を見て、いーなー、って思いました。

29日会社の大掃除終わったら戸田にでも行くかなー。久々に。
[PR]

  by jin31110 | 2006-12-26 00:40 | 競艇

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE