カテゴリ:オフラインクイズ( 6 )

 

【行ってきた】第3回ダブルスNo.1

まぁ滅多にオフラインクイズの大会には行かないわけなんですが、たまたま今回は適当でした。氏と諸々ご縁があって2人で珍道中。(いや午前中はfa1氏を交えて3LCの打ち合わせとか1駅日吉に回ってAnAnとか……げふんげふん)

・登場順のくじをうりゃっと引いたら「1番」、こりゃさくっと帰れというフラグかいな
・第1関門(12→5)はペアで「2○&1○」「どちらかが5○」の条件を満たせば勝ち抜け(誤答した場合は残る1人が5○条件)。適当氏におんぶだっこ展開を期待してたのに適当氏○の後にうりゃっと押した「谷本歩実」が正解、最後は適当氏にさくっと答えてしまってなぜか1抜け
・第2関門(12→6)は40問限定でペアで4○ゲットで勝ち抜け、ただし1○ごとに解答者が交代するんで1人2○が必要(誤答はマイナスポイントの上トビ)。「ワシ先行で10問地蔵→適当氏1○→後は何とか頑張ろうプラン」のつもりが「なんちゃって楽太郎師匠ファン」の本領を発揮してワシがさくっと1○ゲットすることに。適当氏に1○付けてもらった後に「浅田真央の師匠→タラソワ」がティンと来て3○目。第3関門シードの1・2抜けが決まっていた状況だったのでここでペースダウン、3○のプレーオフはチーム2人とも華麗に飛ぶもののなぜか第3関門へ
・「敗者復活即撤収→次は楽しい日吉行き」のプランはこれにて崩壊
・第3関門(12→5)はチームで2問正解したら1セットゲット、2人が1○づつだったらさらに1セット(合計2セット)ゲット、3セットゲットで勝ち抜け。ここで適当氏が序盤に華麗なロケットダイブktkr
・その後はインチキ競馬問題(エビショー)などを散発的に拾っていったものの「伊東輝悦」を持って行かれた辺りで心が折れかけ。最後は「フェールホエール」を誤答して終了となりました
・誤答にこれだけ厳しい大会なのにチームで4×も付けたのは我々だけではないかという評判
・当日のMVPはえいこりんの手旗信号、ということにしておきます。解読できなかったけど
・準決勝は中学生コンビが勝ち上がり、Kingtower先生の悔しがり方は見習うべきだと思ったり
・決勝はトビ決着でしたが見ごたえは充分でした

・問題の難易度は絶妙。ワシに難問耐性が付いたとは到底思えませんが「判る問題までじっくり待とう」というプランが奏功した感じ
・誤答理由は「微妙に知識がずれてたor足りない」というものが大会通じてほとんど。意図的にひっかけたような問題はワシが聞いてる限りは気になりませんでした。さすがじゃーほわ先生というところでした。もちろん問読みの方も上手かったんだと思います
・演出もシンプルながらツボを押さえていて大会ホスト側としても勉強になるところが多々ありました
[PR]

  by jin31110 | 2010-10-18 14:27 | オフラインクイズ

賢押杯2011出場資格についてちょっと考えてみたり

極私的意見の上ツイッターからの流用ですが……

「オンラインクイズゲーマーによる早押しクイズナンバー1決定戦」と謳っているのに「店舗大会の雰囲気を」というところに無理がある気が結構しています。

恐らく当初のレギュレーション想定としては「クイズ屋にオフ会(賢押杯)を荒らされるのは嫌です」という感じだったのかも知れませんが、昨年の決勝ラウンド以降を見る限りでは別にオンオフ両刀のクイズ屋入れても遜色ないと思うし、むしろあの難易度では自分には手が出ませんので出たところでなぁ、とも思ったり。
例えば適当でした氏も馬阿蘇氏も現役のオフラインクイズプレイヤーなんですが、同時に両名ともAnAnのヘビープレイヤーでもあるわけで(適当9.8億、ばーそ3.9億:今日現在)、この両名を「店舗大会に出た回数」だけで「適当OK、ばーそNG」となるのは結構不自然じゃないかな、と思います。

以下ツイッターに書いてないこと。

個人的には新人王(と一応、早押王)は「オンラインでクイズを知った人をオフラインにお誘い出来る数少ない場」だと思ってまして、賢押杯にはその逆、「オフラインクイズの強豪がオンラインクイズの強豪に苦戦する場」になっていくんじゃないかなぁ、と思ってます。
現在の参加人数だと「ナンバー1決定戦」というのは動かせないんじゃないかと思う(各人のレベルに合った対戦相手、という需要はとてもじゃないが満たせない)ので、「オンラインクイズの強豪がオフラインクイズの強豪を撃破」→「俺にもできるかも」→「みなぎってきた!!」という流れになる方が健全なんじゃないかと。
このコンセプトを明確にしないと、賢押杯は「壮大な0次会」になってしまう気がします。
A-1はそれで構わないと思ってますが、賢押杯は「別に大会どうでもいい、それより飲みたい」となっちゃいかんような気がするんだけど、どうでしょう。

というわけで、個人的結論。
Answer×Answerからの出場資格は以下のいずれかを持っている人ということにすれば万事丸く収まると思いますがいかがかと。
・タイトル「初代シルバープロ」(An1で500万パワー以上)以上の称号
(初代シルバープロ、初代ゴールドプロ、レジェンド)
・タイトル「二代目シルバープロ」(An2で1億パワー以上)以上の称号
(二代目シルバープロ、二代目ゴールドプロ、初代スーパースター)
(LIVE版の条件は別途検討)

本条件ですが、
・どちらも500人以上の有資格者がいる
・オンラインプレーヤーを名乗るには十分やりこんでいると客観的に言える資格である
・客観的確認が容易(携帯見せれば終了、.net登録していない場合は称号セットして写真撮影すればOK)
いたずらに「お前店舗大会本当に3回出たの?」という不毛な議論をするよりはよっぽどいいんじゃないかと思います。

【ちょいと改変】
要するにこの話を考えたのは「いわゆる普通のオフラインクイズサークルに行ったことのない、オンラインクイズから入ったプレイヤーが【プロアンサーズ皆勤】ってだけで店舗大会出てないから賢押杯出られないのかー、と思ったことがきっかけ。
客観的な証拠が残らない(そりゃ優勝でもすりゃ別ですが)店舗大会を資格として考えた時に傍から見てクリーンな運営に見えるのかな、ということでした。(この辺、渋谷でも揉めたことではありますが)
[PR]

  by jin31110 | 2010-06-29 12:56 | オフラインクイズ

今年も「賢押杯」やるそうです

厳密には来年の頭、1月9日(日)を予定しているようです。

詳細は公式ブログをご覧いただくとして、参加資格について。
まとめるとこんな感じです。

・参加者は以下「1」および「2の条件のうち1つ」を満たすこと。
1.「QMA6で賢者以上」「QMA7で賢者以上」「AnAn2でアンサー9段以上(※)」
※公式では「AnAn2以降の作品」と書かれています。まぁAnAn3が今年中に出ないとも限りませんし。もし出た場合、「AnAn3でアンサー9段以上」で条件はクリアできるはずですし、段位評価から変更になった場合は公式の条件も併せて変わるものと思われます。

2-1.オフラインクイズサークル・大会への参加回数が合計9回以下であること。
2-2.2010年1月1日以降の「店舗大会参加回数」が3回以上であること。(※)
※「店舗の主催、あるいは了解を得たもの」というのは、王子の大会のような「プレイヤー主催の大会でもOKですよ」ということだと解釈しています。

というわけで、今のところ私には出場資格がありませんw
1については「QMA6で賢者」「AnAn2で9段以上」ということで条件をクリアしていますが、2については「オフライン参加回数10回以上」でかつ「店舗大会参加回数が1回(6月で2回になりますが)」ということで、私はこの大会にこのままでは出られません。

さてどうしましょう。

1.出ない
2.あと1回店舗大会に出るorやる
3.スタッフになる

当面「思案中」ということにしておきますです。
スタッフについては1ヶ月前に3LCがあるのでちょっと現実的じゃないような気がしていますし、「賢押杯のために店舗大会に参加する」というのも個人的に微妙な気がするので「賢押杯に出るための店舗大会エントリー」は行いません。
誤解されると困るんですが、「店舗大会に行かない」とも「王子の大会は第3回CCが最後」とも言ってませんよ。ただまぁ、店舗大会に行くにもそれなりにハードルはあるわけで(早押王の時に何人かの方にお話した「様々なハードル」って奴です。誰に話したんだっけか、タケ坊さんや小祝さんやバーソやふるかわ君あたりには話した覚えがありますが)、「あれ、この参加資格だと俺弾かれるじゃんかww」と思った次第。

別に意固地になって「もう店舗大会行かないしやらねーぜプンスコ」と言うつもりはないんで店舗大会の参加回数はクリア出来ると思いますが、個人的には「毎年灰色のレギュレーションになるくらいだったら【過去にオフラインのクイズ大会で一定の成績残した人は参加お断り】くらいにした方がいいんでないかい?」と思ったり思わなかったり。(ダブルダッチ解散しちゃったけど)

でもクイズ界の「条件戦」ってどうやって決めたらいいんでしょうかね。
「新馬戦」「2歳オープン(高校生オブザイヤーとか?)」「3歳オープン(abcとか新人王)」「古馬オープン(3歳オープン以外のほとんど)」はあっても「古馬条件戦」ってないよねぇ。
[PR]

  by jin31110 | 2010-05-20 15:02 | オフラインクイズ

47点

ABCのペーパーのスコアです。
末席を汚すレベルの話じゃありませんねorz
(ちなみにAnAnでブイブイ言わせてるAさん(仮名)は66点、Bさん(仮名)は58点だったそうです。予選ボーダーは70だったそうで……)
すみません、こんなんでも元ランカーでしたorz

連続正解は21問でした。要するにベタはそこそこ押さえられているんでしょうが、一歩踏み込むともうお勉強してないから勝負になりません、という感じです。
ABC(およびabc)のペーパーはクイズに強くなろうとするんだったら押さえなければいけない問題のオンパレードですし、軽く眺めて周辺知識をWikipediaやら何やらで得るだけでも十分強くなれると思います。

何というか、バラエティ系の大会しか開催したことがない(そして当日行ってもいない)人間が言うのもアレですが、こういうガチな大会(ペーパー上位じゃない人間は早押し機に着けない)の数って随分減りましたよね。
それが果たしていいのかどうかはともかく、全部が全部バラエティになってしまっても食傷を起こしてしまうし、こういった大会を(学生有志が)開く意義ってのは大きいんじゃないかなぁ、と思いました。

若い連中ってどこからクイズに触れてどうしてクイズを趣味にしたのかなぁ、とふと思ったり。

ああそういや。

次の問題に振る時に「Next」って言って振るのって、あれabcの文化なんですかね?
先日とある会で普通にそう振られてたの聞いてちょっと違和感を覚えたんですが、どうなんでしょ。
誰か教えてクイズに詳しい人。
[PR]

  by jin31110 | 2010-02-22 18:29 | オフラインクイズ

企画コレクション(1)~プロアンサーズ版Steps~

クイズサークルにおける企画ってのは人の数だけあるわけなんですが、企画をやったことのない人が「初めて企画を行う」ってのは意外にハードルが高いんではないかなーとふと思い、「オフラインクイズ」のカテゴリに「過去にミーさんが実施した企画」をアーカイブしてみることにしました。

小慣れた企画やら適当な企画やら諸々ありますが、参考になればと思います。
第1回はメイン企画終了後に時間が余ったタイミングでよく行う「プロアンサーズ式Steps」。
元ネタは橙武者氏がかつて他サークルで開催していたもの(自分も行って参加したことがあります。別の人が出題されてましたが)です。

(以下、[]内の内容は人数や問題数などに応じて柔軟に変更して下さい。今回は16人参加での運用を想定しました)

【プロアンサーズ式Steps】
<予選ラウンド>
全体を[8人:2組]に分けます。
各組に対して[3◯2×]の早押しクイズを出題します。
1抜け・2抜けは「SSSリーグ」へ、3抜け・4抜けは「SSリーグ」へ進出します。
抜けられなかった人・失格となった人は「Sリーグ」に回ります。

<決勝ラウンド>
「Sリーグ:8名」
[5◯3×]の早押しクイズを出題します。
勝ち抜けた[2名]は「SSリーグ」に進みます。

「SSリーグ:6名」
[5◯3×]の早押しクイズを出題します。
勝ち抜けた[2名]は「SSSリーグ」に進みます。

「SSSリーグ:6名」
[7◯3×]の早押しクイズを出題します。
最初に7◯に到達した1人が優勝です。

---

背景としては「なるべく実力が近い相手と早押しクイズを楽しんでほしい」「強い奴は予選で事故っても勝手に上がってくる」というようなイメージ。
プロアンサーズでは割と珍しいガチ色が強めの企画ですが、自分の中では「困った時にはSteps」というくらいに役に立っています。
運用面でも柔軟にルール変更が出来て非常に楽。2010年2月開催のプロアンサーズでは「Sリーグ:3◯2×」「SSリーグ:4◯2×」「SSSリーグ:5◯3×」で行いました。人数が多くなった場合には4リーグ制で運用してもいいと思います。

注意点としては「下位のリーグに若干人数を多く入れる(上はその後上がってくる人がいるため)」「予選での勝ち抜け順に不公平が出ない様に」というくらいでしょうか。(もっとも予選2組制であれば調整は簡単ですし、プロアンサーズではさすがに予選3組制になることは当面なさそうですが)
[PR]

  by jin31110 | 2010-02-12 13:02 | オフラインクイズ

伊香保温泉に行ってきましたよ

第12回「群馬でクイズ、ついでに温泉」というタイトルは名ばかりの「群馬で温泉、ついでにクイズ」に参加して来ましたよ。
以下箇条書きで。

【1がつ30にち どようび はれ】
・10時半上福岡駅集合ってことだったんで9時過ぎに上福岡行ってT.T.ボウル上福岡へ
・初回200円ってシール張られてたのに実は初回100円だった
・ハブが空中でLANケーブルに引っ張られ合って微妙なバランスを保っていた
・うどん「條辺」へ
・うどんうまー
・ここでモモイロチッチさん、おぐのりさん、かっぱさんと合流
・道中何話したか覚えてない、どうせ下らない話ばっかりだったに違いない、どうもすみませんorz
・高速下りて養生テープ買って一路「森秋」へ
・まぁほとんどの人がお久しぶりですなんですがこちらが名前を覚えていない人の方が圧倒的に多くてごめんなさいorz
・最前列のいい席を確保
・適当さんの司会は相変わらず適当すぎるのでThree-Letter Codeの司会も私がやります
・ペーパーは28? 29? 30? まあ行っても30だと思います
・賢押杯と違ってスポーツの波長はバッチリだっただけに皆川賢太郎は取っておかないといけません
・「帆立式古墳」「マタニティマーク」あたりはナイスカンでした
・去年のコース別はタイムレース風だったんですが今年は敬遠して群馬脱出へ
・「前田遼一」で今年のGTOはスタート
・待てども待てども拾えそうな問題が来ないから「ゲームの達人」とかそれっぽくない正解が出てしまったじゃありませんか(もう1つは何だっけ、ああ「高橋書店」ですね)
・候補のもう1つとして迷ってた「歌え!」が案の定一番人気
・ステージでのクイズにはリラックマが登場
・次回のA-1のドレスコードに付いてしのこさんと相談。売ってるかどうかが問題、今更着るのかというのが第2の問題。前向きには考えてますけどねー
・宴会後温泉。湯あたり良好!orz
・解説:湯あたりしたのに部屋に帰ろうとした→立ちくらみ→一瞬意識吹っ飛ぶ→壁にぶつかる
・無事回復したのでSQL部屋に行ったら麻雀やってた
・ゆっくりさんとか小祝さんとかとまったりトークしながら麻雀
・自分が行ったフリバ部屋はどうして全部直前に終わってしまったのでしょうorz
・多分馬阿蘇君とまともに話したのは初めてじゃないかな(Two-Letter Codeのインタビューでは「お互いちょいちょい見かけたことはあるけど多分会話するの初めてだよね」が切り出し文句でした)
・ロンオブ部屋の麻雀をしばし見学してから寝る

【1がつ31にち にちようび はれ】
・湯あたりしないように気をつけて朝風呂
・朝飯うまー
・部屋で仮面ライダーW
・温泉街探索してたらまんづきさんと遭遇。聞くと「この後のクイズの取材」ですって
・戻って部屋でナナケンさんとフレッシュプリキュアの最終回
・2日目のコース別はトランプクイズへ。「横井庄一(「よっこい庄一」と答えるべきでしたorz)」を答えた後は全く取れそうな問題が来ないまま終了orz
・というわけで最終予選のステップラダー式は1○だけもらって第1組から
・「青森県の鳥」という差し込み問題を取り逃す痛恨のミスをやらかすが「おはようございます」で何とか抜け
・2組目は他の方が2択で失敗したところをこすっからく拾って1○、その後「広瀬香美がそのロゴ/」で押し勝って勝ち抜け。これが個人的に今大会一番の押しでしたが、やっぱり残念芸能でしたorz
・3組目は問題の波長が全く合わずに終了orz
・準決勝と決勝はとてもいい勝負を見せてもらいました
・終了後色んな方にねぎらいと祝福を
・というわけで去年と同じスタッフでThree-Letter Codeやります
・色んな人とだべってまた高速乗って北区に帰宅
・家に帰るまでが遠足です
・赤羽で軽く押そうと思ったらフルゲートで断念
・というわけでさっさと帰宅

群馬最高!
[PR]

  by jin31110 | 2010-02-01 23:13 | オフラインクイズ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE