いいことを言うことに対してはしっかりと評価しましょう

11月10日の後藤健生コラムより。

---

「そういえば、日本サッカー協会の犬飼基昭会長が天皇杯4回戦で主力を温存して敗退した大分と千葉について、またまた「最強チーム論」を持ち出して激怒しているらしい。犬飼さんというのは、よほど「最強チーム論」がお好きな御人らしいが、ルールに書いてないことを根拠に「来年度の出場権云々」を取りざたするのは、明らかに行きすぎといわざるをえない。

そもそも、天皇杯の5回戦は11月15日に行われるのだ。もし、「天皇杯こそが日本で最も権威ある大会であり、最強チームを出すべし」というのなら、出場チームは代表選手の招集を拒否する権利があるということになる。こういう日程で天皇杯を主催している団体の長が、一方で「最強チーム論」を振りかざすというのは、明らかに論理の矛盾というものであろう」

---

後藤氏のコラムってあまり共感出来ないことの方が多いんですが、これには完全に同意。
「ルールに書いてないのは当たり前だから」って発言は法治国家に育った方とは全く思えませんな。

天皇杯に最強メンバーで臨むべしというのであれば、浦和・横浜FM・鳥栖・神戸・G大阪・甲府・名古屋・大宮・鹿島・清水・新潟・東京・柏・京都・川崎・広島の各クラブからの代表召集は即刻止めていただきたいものです。
代表に選手抜かれた時点で上記のチームは全てベストメンバーじゃなくなるじゃないですか!

残るのは誰でしょうか。
川口、駒野、俊輔、松井、長谷部、香川、巻以外は全員チームに返してくれるんでしょうかね。

野球界からナベツネという老害が退いてくれてやっとこ再生の流れが出てきたと思ったら、老害はサッカー界にもいた、ということでしょうか。
浦和の皆さん、犬飼引き取ってくれませんか? 藤口よりチームの社長としての手腕はあったんでしょう?
[PR]

  by jin31110 | 2008-11-11 00:37 | FC東京

<< 大漁 残り3節! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE