Answer×Answer2をプレイしてきましたよ!

予選1回戦:4人チキンレース(4問)
1位10ポイント(ビンゴの場合+5ポイント)、2位5ポイント。
形式やシステム自体は悪くないんではないかなぁ。
回収乙の心配はチキンをやる限り付きまとうものだし。

予選2回戦:あまのじゃくクイズ
正解10ポイント(単独正解の場合+10ポイント)
6つの選択肢の中から正解が3つ、そのうち他人とかぶらない正解を選んだら20ポイント。
多分無理やりにでもバッティングを発生させたいんだろうけど、選択肢6個はさすがに少ないような、それ以上に単独ボーナスが大きすぎるような。

この2回戦ではそれぞれラウンドの1位から順に(6-4-2-1)のスターが与えられる。
同着の場合は上位のスターの個数が適用される。
例:1位2名同着の場合 6-6-2-1

逆転ラウンド:4人早押しクイズ(一部文章を改めました)
4問限定の様子。
スターがどうこう言ってますが、点差に換算すると要するにこういうことです。
単独正解:4ポイント
2人正解:2ポイント
誤答:-1ポイント
要するに誤答のペナルティが甘すぎるんですな。現状のシステムでは「とりあえず飛び込んどけ、誤答したところで他とそんなにポイント差広がらないから」というバカ押しが(特に2位抜けでよしとする人には特に)蔓延しそうな気がして嫌だなぁ、と思います。実際には1問の正解不正解でスターの差は5個開くわけなんですが、ここの按配がどんな感じなのかは1回のプレイでは判りませんでした。
あ、スターの数が同数の場合の順位はタイピング速度の合計で決定されてました。同着決定くらいであればタイピング速度を使ってもいいかなと思います。

決勝ラウンド:早押しor連想orビジュアル
30ポイント先取、6問限定でした。
これも問題数が少なすぎて淡白な気がしました。

とりあえず自分の感想としてはこんなところです。
まぁ「やっぱセガだなー」というところも思わなくもないんですが、さすがにやってみてあまりに問題なところは改善すると思うんですがねぇ。どうなんでしょう。
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-21 21:54 | Answer×Answer

<< 優勝挑戦権まで、とりあえずあと1勝 無にならなかった置き土産 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE