というわけで

ダビスタ的には「まんまと逃げ切りました!」と実況されるような感じになりました。
以下自慢乙ですみません。

3日目を迎えた時点では「260Fを超えたらさすがに確定、240Fを超えても大丈夫だろう、240Fを超えられなかったらちょっと際どいなぁ」という感じでした。(土曜日の時点で239Fまでは乗せてました)
2日目に熊熨斗オープンからさっくり撤退して吉祥寺で押しつつ、東京の試合までにCP1つ抜けられたのが結果として利いたっぽいです。

タワーを上るに当たって「がっつりプレイできるのは初日だけ」ということは判りきっていたので、可能であれば初日に201Fまで上ってしまいたいという気持ちは最初から持ってプレイしていました。(181F以降の2/-6のレートについては「調子が良かったらいけるんじゃないかな」と甘い気持ちを持っておりました)
首尾よく初日の時点で宇宙に逃走できたわけなんですが、前回の成績から出来れば220Fも超えてしまいたいとも思っていました。出来れば初日のうちに。(さすがにジェンキン寿さんの300Fの記録までは届きそうにないと思っていました)
思っておったのですが、初日の19時以降のマッチングを見るに断念せざるを得ず(GTに入ったらマッチングのグロさが全く違いました)、残りは2日目・3日目の朝に再アタックすることを決意したわけです。

作戦については、基本的にはハイリスク全ツッパ。
チケットがほしかった時と宇宙脱出後のCP前のフロアでランカーを釣った時以外はほとんど全てハイリスクを投げていたんではなかろうかと思います。
そして一番大きかったのは「220FのCPを突破できた」ってところでしょうか。201F以降のマッチングレート2/-8でCPを突破できるということは、それ以降のCPを突破できるということの何よりの証左になりますので。
それより何より最も大きかったのは「テクニカル全形式を含め致命的に苦手な形式が排除されていた」ということでしょうか。
大会の最終成績は[221勝52敗18分]でしたが、多分に大会特有のアシスト(文字数やら何やら)が入っておりますので、SSリーグでやったらもっと下がります。大会では誤答のダメージが大きいので多少指は控え気味にしておりましたが(それでも1問目でコケて幾度となくその後前のめり気味にはなりましたがorz)、SSリーグではもっと突っ込んでもっと自爆しますので先に皆さんに謝っておきます。すみませんorz

ともあれ、今回マッチングした全ての方々に感謝を申し上げたいと思います。
今度は全国対戦で戦いましょう!
[PR]

  by jin31110 | 2008-09-16 00:56 | Answer×Answer

<< そういや 恐らく逃げ切っているとは思いますが >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE