またこんな大会形式思いついちゃった

【注意! この記事は7/19の「第2回王子チャンピオンシップ」とは何の関係もありません!】

第×回王子チャンピオンシップ~World Cup Style~

会場:ナムコランド王子が有力
参加費:200円+予選のクレジット(決勝トーナメントのクレジットは主催者負担)
最大参加人数:32名
レギュレーション:以下の通り。
・参加者32名を8つの予選グループに割り振る。この時、当日のパワー上位8名は「第1シード枠」とし、別のリーグに割り振るものとする。
・予選リーグは4名総当りでの店内対戦。対戦の勝者には勝ち点3、引き分けの場合は両者に勝ち点1を与える。この時の引き分け判定には秋葉原ルールの適用を行わない。
・予選リーグの勝ち点上位2名が決勝トーナメント進出。同じ勝ち点で並んだ場合は直接対決時の成績によって順位を決定する。この時の判定には秋葉原ルールを適用する。
・予選リーグ最終戦は同組の4人が一斉に行う。
・決勝トーナメントは原則として「各組1位-各組2位」の対戦とし、オープンドローによる抽選を行う。この時、予選で同組だったプレイヤーは1回戦で対戦しないものとする。また決勝トーナメント以降の勝者判定には秋葉原ルールを適用する。

※参加者が32名を割り込み、予選リーグを8組組めない場合
リーグ戦の人数を最大5人まで増加させる。
(例:参加者31人の場合は【5人リーグ×3、4人リーグ×4】でリーグを構成する)
結果としてリーグ戦の数が7個以下になるが、この場合は各リーグの2位までを予選通過とした上で、残りの枠を「全リーグの3位のうち成績上位」で埋めるものとする。この時の判定は「リーグ戦での各ラウンドの勝率」とする。この時、引き分けは試合数にカウントせず、またストレート勝ちの場合は「3戦3勝」として計算を行う。

例:
プレイヤーA 2勝(ストレート) 2勝1敗 3分
プレイヤーB 2勝1分 2勝1敗 3分
この場合、勝率は下記のように計算する。
プレイヤーA 5/6=0.833
プレイヤーB 4/5=0.800
よってプレイヤーAが上位となる。
(要するに分母の数が増えるので、ストレートで勝った場合1敗のダメージが小さくなるってことです)

---

うーん、「参加者32人くらいさっくり集まらんかなぁ」という魂胆がありありとうかがえますorz
決して悪いレギュレーションではないと思うんですが、8個リーグ戦を組めなかった時の判定が難しいですなぁ。
[PR]

  by jin31110 | 2008-07-17 12:48 | Answer×Answer

<< 王子大会終了 いつもの+おかわり-ファインセ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE