(ひょっとしたら)こうなるナビスコ予選最終節

ナビスコのグループリーグ状況をまとめてみました。

【Group A】
鯱八 勝点12 +5 A浦和 ◎
神戸 勝点09 ±0 H京都 勝利条件
京都 勝点05 -1 A神戸 ×
浦和 勝点02 -4 H鯱八 ×
名古屋が決勝トーナメント進出一番乗り。逆に京都・浦和は1節残して敗退決定。
神戸は勝利なら他グループの結果に関わらず決勝トーナメント進出。引き分けの場合はグループB・Dの結果待ちとなります。個人的には勝ち点10でも何とかなるかな、とは思うのですが……

【Group B】
清水 勝点11 +9 A磐田 引き分け以上
東京 勝点08 +3 A東緑
磐田 勝点07 +1 H清水
東緑 勝点01 -13 H東京 ×
東京はアルウィンで痛い引き分け。自力目が消滅してしまいました。グループDの大分とは勝ち点・得失点・総得点いずれも並んでいるため、6月8日の観戦には携帯電話が手放せなくなりそうです。
東京の条件は「勝った場合は神戸もしくは大分のどちらかが引き分け以下、大分が勝った場合は大分に得失点差・総得点で上回る」というもの。引き分け・負けの場合でも目が全くなくなるわけではありませんが、静岡ダービーの結果も待たなければいけないため考えたくありません。とにかく目の前の東京ダービーに必勝態勢ですね。
一応磐田の条件もまとめておきます。「勝った場合は東京が引き分け以下の上で神戸もしくは大分のどちらかが引き分け以下」で磐田が逆転滑り込みとなります。(引き分けでも非常に薄いですが目は残ります。負けの場合はその時点で予選リーグ敗退決定です)

【Group C】
千葉 勝点09 +3 H川崎 引き分け以上
川崎 勝点06 ±0 A千葉
木白 勝点06 -1 A札幌
札幌 勝点05 -2 H木白
千葉は引き分け以上で決勝トーナメント進出決定。負けた場合でも僅差であれば何とかなるかも知れません。グループCは2位抜けの目がほとんどなくなっている(グループCのクラブが勝ち点9で2位抜けするためには「神戸負け」「東京負け」「磐田引き分け以下」「横鞠負けかつ大分引き分け以下」のうち3つの条件を満たす必要があります)ため、川崎は最低2点差での勝利が要求されると考えた方がよいでしょう。柏は千葉に1位で抜けてもらうのを願いつつ札幌相手に得失点差を叩きに行く必要がありますが、札幌も非常に小さいながらも目を残しているため、厳しい戦いになると思います。(ちなみに千葉が負けた場合でも柏の2位の目は残りますが、その場合は最大で4点差が必要になります)

【Group D】
横鞠 勝点09 +5 A新潟 勝利条件
大分 勝点08 +3 H大宮
新潟 勝点04 -3 H横鞠 ×
大宮 勝点03 -5 A大分 ×
マリノスは勝利で決勝トーナメント進出が確定します。引き分けの場合は大分が引き分け以下なら決勝トーナメント進出、大分が勝った場合は「神戸引き分け以下」「東京引き分け以下」「磐田3点差以下での勝利」のうち2つの条件を満たす必要があります。
大分はマリノス引き分け以下なら勝利条件となるため、条件的には東京よりもやや有利といえます。(東京には1位抜けの目がほとんどありません)その他の条件は東京と同じです。抽選で決勝トーナメントの8枠目が埋まるのも何だかなぁと思うので、白黒ははっきりついてほしいですね。

というわけで、決勝トーナメントの進出予想をしてみます。
Group A 名古屋100% 神戸70%
Group B 清水90% 東京55% 磐田30%
Group C 千葉60% 川崎40% 柏20% 札幌10%
Group D 横鞠70% 大分55%
さて、日曜日の夕方に笑うクラブはどこになるのやら。
[PR]

  by jin31110 | 2008-06-02 10:33 | FC東京

<< QMA終了8クレ前(やっぱり推定) またしても、締め切れず >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE