その志、いまだ道半ば

川崎オフィシャル:関塚隆監督 辞任のお知らせ

その無念さは、察するに余りあります。
まずはゆっくりお休み下さい。

関塚氏の勝ちに貪欲なスタイルは「そこまでして勝ちにがっつくなや格好悪い」と思う反面、去年のように自分の応援するクラブが勝ちに拘らない時にはやけに眩しく見えたものです。
いつの間にか川崎は戦う集団へと変貌していたわけなんですが、その裏では心労と戦っていたんでしょうね。

本音を言うとです。
多摩川クラシコで戻ってきた関塚氏を相手に、スティーブンの「Manager, Takashi Sekiduka.」のコールにスタジアム全体で拍手を送り、その上でボコボコに出来れば、と思っていました。(当初は検査入院後に復帰すると思っていたので……)
その野望は叶わなかったわけですが。

とにもかくにも、いずれまたピッチに元気な姿を見せてくれる日が来ることを、他サポとして祈念しております。
2007年の屈辱を返す相手は、関塚氏しかいないのですから。

【以下蛇足】
フッキに関しては本当にただの我が儘だったわけですか……
弁護したのがアホらしく思える今日この頃でした。
[PR]

  by jin31110 | 2008-04-25 10:54 | サッカーその他

<< 清水駅 残り29 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE