テストとしては良好

国際親善試合 U-23日本代表 1-1 アンゴラ

後半だけTV観戦。鈴木健の実況と武田・北澤のトリオは結構静かでいいですね。最近テロ朝に毒されていただけにちょっと新鮮でした。

この時期にどうしてこんな試合を組むのか(前日にW杯予選、そしてこの後リーグ-ナビ-リーグの3連戦)という根本的な問題はともかくとして、前日に腐れた試合しか出来なかったどこかの代表に比べれば、よっぽどいいサッカーをしてたと思います。

豊田は良かったね。
香川も良かった。
長友はいい場面を何度も演出してた。
チームとしてサッカーをしてたことは嬉しいですね。

というわけで今日はノーアンアンです。
[PR]

  by jin31110 | 2008-03-28 00:45 | Answer×Answer

<< ジャイアント・キリング 飼い殺しきれる器じゃなかった >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE