ポテンシャルの高さと振れた勝負の振り子

J1第1節 東京 1-1 神戸

今シーズンもよろしくです。

結果は引き分けでしたが、どっちが勝ってもおかしくないゲームでした。
気持ちの入ったいいゲームでした。

羽生、エメ、長友、カボレ、大竹と新加入の選手のポテンシャルが高いことはよく判りました。あとはコンビネーションでしょうか。
攻めきれないでカウンター食らうのはある程度仕方ないのかも知れませんね、このサッカーでは。
そこを運動量で埋めるサッカーなのでしょう。

少なくとも去年より楽しいサッカーであることは間違いないかな。
あとは監督がどうチューニングしていくか、期待することにしますよー。
[PR]

  by jin31110 | 2008-03-08 16:22 | FC東京

<< 2008年第1節採点 2億マッチキター >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE