浮かれるには、まだ早いっ

あまりにも寒かったので今日のAnAnはノープレイ。
明日は王子にあるラーメンの名店(松嶋氏からの情報)でも行ってみたいですな。

さて、主力の大流出ばかりが不安視されていた今季の東京のストーブリーグですが、ブルーノ・羽生といった「気の利いた」補強があるのは非常に嬉しいです。

主力クラスの移籍については、

福西:新監督の構想から外れた
(今野の慰留、羽生の獲得から城福監督が「走るサッカー」を標榜するのは明らかであり、その中で福西の居場所があるかと言われれば微妙)

土肥:出場機会を求めた
(塩田が完全に正GKになった状態では、土肥を「大金で」2ndGKにする意義をフロントが感じなかった)

ルーカス:チームが強く引き止めに向かわなかった
(どうしてもというのであれば全力で慰留に向かったはず。ただ個人的にルーカス頼みのチームは現状が限界だと思います)

伊野波:出場機会を求めた
(今野・梶山の壁を破れず、池上に目処が立ち、長友がサイドのバックアップをするのであればどこで勝負するんだろう、とは思っていました)

ということで、ある程度何とかなるんではないかな、と思っています。
(今野が浦和移籍してたらと思うと背筋が寒くなりますが)

むしろ気になるのは、スカスカになった外国人枠。
今のところ、ブルーノしか外国人枠の選手がいない状態。
カポレの話が流れ(地元メディアに対して「慶南に残留」を発表したとのこと)、タバタもないでしょうから、あっと驚く補強があるんでしょうか?
個人的には強力なFWが1枚ないと相当厳しいと思うんですが、どうでしょうか。


PS.
どうやら春までには生活ががっつり変わりそうです。
非常に幸せな話です。はい。
[PR]

  by jin31110 | 2008-01-15 22:44 | FC東京

<< たまに成績を付けてみたら 朝もはよから >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE