逆ヒットマン達成

というわけで、本日めでたく1000敗を達成しましたー。
その時点の成績は1940勝1000敗、勝率.6598でした。66%まで勝率上げた覚えはあるので、その後が多分12勝3敗くらいだったんでしょう。
(これで2勝1敗ペースの借金が54だと思います)
一時期は150くらい(推定)あった借金も大分減りました。
月内はさすがに絶望ですが、年内くらいには完済したいものです。
にしても完済できる日が見えてくるとは思いませんでしたな、始めたころには。
(プロアンなりたての頃の勝率が63%くらいだったと思います)

そういや、ヒットマンの受動態はやっぱりヒットマンなのかな?
(hit-hit-hit。はいこれAnAnにでますよーってほんまかいな)

ところで、今日ゲーム中に思ったこと。
(というか実際にあったこと。対戦相手の方には申し訳ないことをしました)


早押しで残り17秒(その気になれば1問で収められるが、普通は2問)
おまけに次は2倍問題、現在30点差

判ったと思って俺押す

「あれ、選択肢に俺の答えねぇよ」

5秒後「ブブー→回答権移動」

相手即答するも「Time UP」


これをルールで規制する方法はあるんだろうか、と。
これだって人によっては遅答だと捉える人もいるでしょうし。
(「意図してやったんじゃないよ」と言ったところで、それを相手が信じる術は残念ながらありません)

GP的には痛い人もいるでしょうが、GP上げに熱心じゃない人にとっては一つの作戦として考えられそうなものだとは言えないでしょうか。特に「もうMAXまで上がったからGP減っても痛くないわい、ジャンルマスターランキングに参戦する気もないし」って人にとっては、誤答によって得られるおよそ7秒の時間が効いてくることだってあるわけです。(相当にマンチキンではありますが)
そこで、残り時間と相手の押しのスピードを勘案して、ギリギリまで時間を消費するという作戦だって出てきておかしくないわけです。

で。
これらのケースを全く想定せずにSEGAがこのゲームをリリースしたとは、到底自分には思えないわけです。
(きっとAnAnスタッフの中にはサッカーマニアもしくはアメフトマニアが1人くらいいて、タイムマネジメントの効用について講釈垂れていたに違いないと妄想)

まぁ、まだバランスをどうやって取るかのレベルだと思うので(個人的には1.0の虫食い:ほぼ6問固定の代わりお互いが先行問題をキープしていくと最後に後攻側に2倍が当たる、というルールは大好きでした)、今後もある程度のルールの改変はあると思いますし、うまいことバランスを取ってもらえればなー、と思う次第。

遅答の話はこれくらいにしますわー。
[PR]

  by jin31110 | 2007-11-29 23:55 | Answer×Answer

<< 襲撃第2弾 忘れないうちに >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE