無償の愛がサポーターに要求されるのであれば

自分は東京のサポではないなぁと思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

ともかくストレスが溜まっていたことに気づいた昨晩。
「声出してないからじゃー」と言われてああそうだなぁ、と思ったりするんだけど(昨日のAnAnの23時以降の成績がイマイチだったことも関係してなくはないかも)、だからといって何をするわけでもないんですなぁ。

サポとしては(自分がサポであるかどうかってことは置いといて、あぁじゃあファンって言ったらいいのか)非常に怠惰な態度であることは重々承知しているわけで。
ただ、無償の愛の対象になるほどFC東京は自分のカラダとココロには浸透していないんだよな。
だから、今年1部に残れないだとか、監督変えないとかってことになったら自分はSOCIO更新もしないんじゃなかろうか。(5ゲームスがあるならそっち買うんだろうなぁ)
残念ながら、今の東京にはそれくらい魅力がない。
ファイヤーワークスナイトの2.5万という観客がそれを象徴している。

一見さんの方だけを向いて営業してきた結果が、去年より5000人の観客減。
花火じゃなかったら2万切ってたんではなかろうか?
神戸戦はどうなるんですか? やっぱり2万切らないと危機感持たないのかね。

■■小■瑠■■
馬■■■■■石
■■浅■池■■
浄■■■■■徳
■■吉■藤■■
■■■塩■■■

来年こんなフォーメーションになるんじゃないかって話をしてた昨日。
梶山も今野も茂庭も伊野波も福西も平山も赤嶺もいない、そんな東京。
「気持ちを見せろ」って人にはたまらないのかも知れないが、気持ちを見たいんであれば少年サッカーの方がよほどいいんじゃないかって思う今日この頃。

気持ちが入ってればそれでいいのか?
最近はそんな感じに思考が転換しています。
「プロはやっぱりすげーぜ」って思わせることが必要なんじゃないのか?

奮起だけじゃもはや足りない。
カラダはホットに、ココロはクールに。
考えて考えて考えて考えて考えて、もう無理だってとこまで考えて、カラダ動かして、まだやれるって思ったらまた考えて。
今までと同じことしてたって勝てやしないんだから、今までと違うこと、今まで以上のことをしなきゃいけない。それが(サッカーに限らず)職業人としての業じゃないのか。
残り13節。

まさか営業サイドが「入れ替え戦になったらホーム1試合増えるぜー」なんて戯けた考えを持っていないことを切に祈りつつ。

うーん全然まとまらん。
[PR]

  by jin31110 | 2007-08-21 12:44 | FC東京

<< 切れたコミュニティの勿体無さ 意味のない敗戦、生温いゴール裏 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE