本当に脱皮はできたんだろうか

J1第14節 清水 1-3 東京

Jスポでディレイ観戦。
確かにノリオキャノン、グランドノリオショット、ユータキャノンは凄かったわけですが、中盤の支配力には目を見張るものがありました。

ちょっと前から梶山が色々な場所(サイドの奥深くに出てきたかと思えばポストに対するサテライトの役割も)に顔を出してきたことはいい傾向だと思っておったのですが、この試合ではノリオがえらく利いてましたな。
オフサイドになったもののペナルティエリアに顔出してのダイビングヘッドだとか、慣れない右足でのシュートだとか、この2週間頑張ったんだろうなぁ。えらいぞノリオ。

前半まだスタミナに余裕があった時間帯にはえらく小洒落たパス回しもあったなぁ。
ああいうパス回しが出来るってことは、やっぱり中盤期間内に大分危機感もってやってたんだろうね。

あと個人的に観てて思ったんですが、両サイドはちょっと中に絞ってるかな?
ノリオ・川口はもとより、徳永・金沢あたりもタッチライン一杯までは広がってなかったよなぁ。
個人的にはタッチラインにべったり張り付くより、この試合くらいのコンパクトなサイドの方が今の東京には合ってるんじゃないかと思いますわ。

まぁ、この試合よりも真価が問われるのはやっぱり次の浦和戦でしょうな。
向こうは中3日と日程は有利なわけですが、この試合のようないいゲームを見せてもらいたいものです。

PS.TJL氏が何度かカメラに抜かれてましたな(w
[PR]

  by jin31110 | 2007-06-13 23:45 | FC東京

<< プロは結果が全てではあるのだけど 最近は三国志大戦ばっかり >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE