それでも行くよ、EL TOKYO

札幌-福岡戦やってる西が丘の方が近いんですが(西が丘はうちからチャリで15分)、それでも行きます国立に。
だんだん自分がMのような気がする今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

一旦「ピッコリ度100%」にして仕切り直してもいいんじゃないかと。(ピッコリ度:前節の試合と今節の試合でスタメンがどれだけ変わっているかを示す指数ね。新潟戦の場合はナビ大分戦からの入れ替え度で表され、今回は栗澤OUT福西IN以外は動いてないのでピッコリ度9.1%)
ナビスコ捨ててでもさ。
トップチームは次のリーグ戦に備えてもう1回チームを応急処置して、単純な形だけでも作って中断までを凌ぐとか。
あ、応急処置するにもベースがないのか。

前回のエントリが「空中分解の何歩手前?」って奴だったけど、ひょっとしたら分解するそのものすらないのかも知れんなぁ。

何にせよ、「これが東京のサッカーだ!」ってものが無くなってしまったのは、いたく悲しい。
「色々な娯楽がある東京だから、その中で東京のサッカーは面白くあらねばならない」って言ってたのは原監督ですが、東京のサッカーって「愚直でひたむき」なもので、それにみんなが魅せられてたんだと思うんだけどなぁ。

今さっき、うちの社長に「シンプルにな!」って言われたけど、つまりはそういうことなのかも知れんねぇ。
シンプルに、愚直に、ひたむきに。
そんなサッカーが見たいですな。
[PR]

  by jin31110 | 2007-04-09 12:57 | FC東京

<< 1周年 空中分解の何歩手前? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE