システムと信頼感

ヤマザキナビスコカップ予選第3節 大分 0-1 東京

仕事で何とかルーカスのゴールには間に合ったくらいの時間(前半30分くらいかな)からのMX観戦。
そういや去年のリーグ最終節も九石ドでのウーノ・ゼロでしたな。
今日の試合は「ちゃんと走ればこれくらいできるんだよ」ってことでしょうな。

大分が相当メンバー落としてきてたわけだけど、東京も福西に無理をさせず東京残留。ルーカスと川口、それに中央で栗澤が絡む「2005年型原東京」に一旦戻して拾いに行った試合なんだと思います。
得点シーンは金沢の素晴らしいクロスをルーカスがご馳走様。
ノリオが珍しくパスを出したっていう話があったけど、この辺が「FCT07(F1新車風)」の肝になるのかもね。

昨日はいのっちが攻め上がる場面が多くありましたな。
ノブオさんの方がナオよりもキープしてくれる(無理やりに突っ込まない)→伊野波上がれる→オフェンスに厚みが生まれる、ってシーンが多くありました。
得点シーンもノリオが溜めて金沢の上がりを待ってからのクロスだったわけで、中盤でのタメってのはやっぱり大事なんだなー、と。

と同時に、ルーカスはやっぱり前向いてナンボの選手なんですな。
この辺り、平山・チョペとどう組み合わせていくかは監督の力量なんだけど……

■■■■■平山■■■■■
梶山■■■ルー■■■信男
■■■今野■■福西■■■
金沢■藤山■■徳永■伊野
■■■■■塩田■■■■■

とか、

■■■ワン■■平山■■■
ルー■■■■■■■■梶山
■■■今野■■福西■■■
金沢■藤山■■徳永■伊野
■■■■■塩田■■■■■

とかどうなんですかね?(これだとプレスかからなそうだけど)

ただ、プレスの場所だけはしっかりせんといかんですな。
やっぱり前目からの積極的なプレスとサイドからの押し上げがうちの持ち味なんだなー、と感じた試合でした。
[PR]

  by jin31110 | 2007-04-05 12:56 | FC東京

<< 鳴らない、電話 新年度に当たって目標とか考えてみたり >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE