飽くなき執念 【競艇名勝負列伝 #1】

2004.12.23 住之江12R 賞金王決定戦

進入:IN125/346OUT
1着 6 3556 田中 信一郎
2着 3 3307 上瀧 和則
3着 4 3590 濱野谷 憲吾
4着 2 3388 今垣 光太郎
5着 5 3415 松井 繁
6着 1 3285 植木 通彦
払戻金 2連単 6-3 12370円(30人気) 3連単 6-3-4 51,870円(117人気)

競艇を見始めた人にはぜひ最初に見てほしいなぁ、と思う名勝負。
自分も競艇初めて長いわけじゃないけど、このレースはそんな中でも相当強烈に残ってるレースです。

1号艇に植木が構えるも、イン屋の上瀧が3号艇、今垣だってやすやすと2コース譲らないだろうし、でも松井も行くよなぁ、松井行ったら田中もついて行くよなぁ同郷だし、したら濱野谷が6コースかなー・・・とか思ってスタート予想してました。(多分予想的には1356/24とかだったと思う)
スタート予想だけで相当お腹いっぱいになったレースだったんだけど、レースも見所がいっぱい。
スタートで先行した上瀧が内3艇をブッ叩く。松井がモロにかぶせられ、今垣があおりを食らって1Mを外す。植木がマイシロを失って1Mのブイに激突、それに松井が乗り上げる。外の濱野谷は上瀧にツケマイを仕掛けるが届かず、代わりに植木と松井がやりあったおかげでインにぽっかりできたスペースを田中が美味しくいただく。
バックストレッチ~1周2M~ホームストレッチではマクリを決めた上瀧と田中のラップ。
そして2周1M、上瀧がわずかに外したターンマークを田中が突いて逆転!  2Mでマクリに構えた上瀧を田中が先マイで制して勝負あり。「終わりよければ最後よし」の賞金王V3を決めたレースでありました。

田中信一郎はこれまでSG4勝だが、うち3勝は賞金王決定戦。
去年はなかなかSG戦線で見られなかった(一応シリーズでは準優出してたんだなぁ、でも特選Aで勝ってもなぁ)けど、今年は平和島の総理杯から見られそうなんで、楽しみですな。
個人的にツボに嵌ったのは「謎の中国人ワン・チャンス」発言でした。(以後田中信一郎は自分と彼女の間では「ワン先生」呼ばわりです:証拠

早く記念戦線戻っておいでー。
って競艇記事は人気ないんでしたっけ>drkato様
[PR]

  by jin31110 | 2007-02-02 22:59 | 競艇

<< 熱海へ 気が早い今年の展開予想 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE