秋春制の議論ってこんなに盛り上がってたのか。

仕事場があまりに暇なんで(フロアには自分ひとりしかいません)、つらつら秋春制のことを考えてみる。
詳細は帰ってからですが。

ヒント:国際Aマッチデー、代表戦で協会に落ちる金、スケジュール、国内新人、海外移籍、札幌&山形&仙台&新潟&草津(&甲府&松本山雅とか盛岡とか)、移動手段、練習手段、アウェー動員、野球との棲み分け、北欧諸国のスケジュール、南米→欧州、ACL、J2の試合数

参考文献  http://www.fcjapan.co.jp/mail_magazine/news/feature_view.php3?id=654&m=0

まぁ、雪国青森で育った人間としては(青森は新潟よりも降りまっせ)、「無茶じゃのう」とは思いますなぁ。
この辺りは所詮感情論なんで、実際には帰ってじっくり考えてみないと判らんですな。

って、週末仕事で静岡日帰りですって。ぎゃー。
[PR]

  by jin31110 | 2006-08-28 16:51 | FC東京

<< 北日本を切らない秋春制の導入っ... 基本的には力負け、なわけだけど。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE