監督代えたからといって好転するとは思えませんが?

J1第16節 東京 0-2 広島

運動量通りの結果。
そしてFWの質通りの結果。
DFラインの綻びを見逃さずに2得点を挙げた佐藤寿人はお見事。

1点目はジャーンのセルフジャッジ(あるいはオフサイドトラップの失敗)からの失点、2点目はジャーンと土肥の連携ミス。この試合は失点シーン以外でもあちらこちらで連携ミスが目立ったわけです。
広島はまぁよくボールも人も動くこと。何でこんな下位にいるんだろ。この試合見てる限りじゃ全然判らんですわ。

言い訳材料を探すなら、前線がちっこいのばっかりでボールの収まり所が全然なかったってことになるんだろうけど、それにしたって「もったり攻め上がる→スペース消される→シュート打てない→ショートカウンター」では勝てるわけがないですよ、と。
こんなチームどうやって勝つんじゃぁ!

というわけで、敗因は簡単。
ボールが収まらなかった、選手が動かなかった、その2点。
あれだけ動かないんじゃ、ボールも出てこないわ。
相変わらず負けてるのに後ろでばっかりパス回してるし。

ガーロが責められるとすれば、前線の起用くらいだな。
たまたまユータの1トップが機能してたのはルーがいたからだったんだろうね。であれば1トップは赤嶺にした方がよかっただろうなぁ、とは思った。
ただ、それにしたって選手があれだけ動かないんではやりたいサッカーも何もあったもんじゃないだろうなぁ。

G裏は「ガーロ辞めろ」だの「攻撃、攻撃、原東京」コールだのしてたな。
監督代えてよくなるの?
そんな懐古主義な奴らは昔のDVDでも見てろ。
俺は現実を見る。

PS.
そういや今日は珍しくバック側から試合後ブーイング出てたけど、ありゃどこに対してのものだったんだろう。
選手なのか、監督なのか、G裏なのか。
どこでも正解になりそうでは、あるなぁ。

PS.(2)
ガーロやめろ厨に対する反駁としてとてもいい文章だと思ったので、本人の許可を得てませんがトラバかけておきます。
俺ここまで冷静にキレられなかったなぁ。久々にいい文章に出会いました。
http://FCJG.exblog.jp/tb/3900500
[PR]

  by jin31110 | 2006-07-30 10:19 | FC東京

<< 上川徹と木村元彦 ミッドウィーク開催の長居祭り >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE