とんでもない瞬間が今かも知れない

J1第11節 甲府 1-3 東京

雲ひとつない快晴の小瀬。
今年楽しみにしていた甲府のアウェー戦でしたよ。

駅が歓迎ムードだったのは噂には聞いてたけど、びっくりでしたな。
戦意を殺がれ……いやいや、ありがたいことです。

試合前半は「またですか」のぐだぐだムード。
右サイドすーっと破られて左までクロス通されて左サイドの選手に決められる形って、三ツ沢でも見たぞ。
結局ノリオはどうしたいんだと。
守備力のなさには中断までは目を瞑るから、せめて全力疾走くらいはしてくれよー。

もっともノリオ問題に関しては左サイドの守備の問題(ミヤザーが走りきれない、今野が大変、モニ釣り出されるなどなど)が色々あって、この辺りは中断してまとまった時間取れないとどうにもならんだろうから、せめて次節に破綻がないといいなぁと思った次第。

オフェンスでは大きな見所が見出せないまま前半終了。
梶山も覚醒してない「ノーマル梶山」っぽかったし。それでも去年のひどい時に比べれば最低限の仕事は出来てたかなぁ。

ハーフタイムにボールボーイに野次を飛ばしていたおっちゃん、ありゃいけませんぜ。
選手に野次るならまだしも、ボールボーイは本来選手がすべき仕事をしてくれてるわけですから。
左後ろのギャル様ご一行も何か野次飛ばすのがカッコイイみたいな感じっぽかったなぁ。
まぁ、みんなまとめて後半黙るわけですがね。

で、ハーフタイムのガーロのコメントがこれですよ。
---
・前半の結果に怒りを覚えろ
・DFの裏のスペースを使っていこう
・この試合は絶対に負けられない
---
うおー。熱いぜガーロ。

後半に投入されたリチェからおいしいグラウンダークロスがノブヲさんに入って同点。
全員スルッと抜いてノブヲさんの足下へ、あとは「ポンときてチョン」(cハラヒロミ)という感じだったなぁ。(そういや今日のリチェはツキがなかったかな。片山主審が何でもかんでも流すから削られっぱなしだったな)
その後CKからルーが頭で合わせて逆転、ロスタイムにも前がかりになった甲府の裏にルーがまた抜けて駄目押しと、久々にすかっとした試合となったわけでありました。

以下チラシの裏。
・左サイドで数的優位を作られる悪癖が改善されてない。もういっそノリオは鉄砲玉になっちゃって戻ってこない方が守備組織作りやすいんじゃないかとか思ってしまう
・今日の梶山はノーマル梶山。にしてもスローインのボールをルーに代わって受けるだけでルーの負担は減るもんだなぁ(梶山下がったあとは小澤が受けてたなぁ)
・今日の甲府の攻めの多くは右サイドだったわけで、うちの左サイドが弱いことがだだ漏れしてますよー。でもバレーはコケられるより持たれた方がやっぱり嫌だなぁ
・実は今のうちのフォメって4-4-2と見せかけて4-1-2-3なんじゃないか? ルーはトップ下のフリをして実はパス配給なんか全然してなくてシャドー化しての4-3-3だっ!(軽く妄想)
・82分の梶山→伊野波の交代にガーロの凄みを見た。チームの中心に見据えている梶山を温存する(70分以降くらいから甲府がえらくガツガツ当たってきてリチェや梶山が削られるシーン多発)策に出たのかね? 守備固めでいいことあんまりなかったんだが、いい交代だったんじゃないかな?

審判についてもちょっとだけ。
ピッピピッピ笛吹かれるのも嫌なんですが、何ぼなんでも流しすぎかなー、と思った。
ホーム寄りだったらあんなもんかなぁ。

にしても、ガーロ熱いね。実は名監督の原石なんじゃないかと妄想してしまいますよ。
結果もやっと追いついてきたし、課題がいっぱい見えてるってことで伸び代も十分。チームの上昇感がこれだけ感じられるのは久しぶりだね。
リス食べて3連勝しちゃいましょー。


追伸:
甲府のアウェイ応援団は面白かったなー。
ああやって相手をいじり倒せるような応援、最近なかったなぁ。余裕なかったしなぁ。

追伸の追伸:
駅前小作のほうとうは21時前に売り切れたそうです。
民族大移動恐るべし。
あ、ほうとうはおいしかったですよ。

追伸の追伸の追伸:
今日の行きは「ホリデー快速ビューやまなし」に乗っていってきました。
ダブルデッカーは普段と違う感じで風景が見られたので満足満足。
[PR]

  by jin31110 | 2006-05-04 01:06 | FC東京

<< 敵は己の内に在り 王様の出現 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE