執行猶予

ナビスコ第2節 横浜FM 2-0 東京(三ツ沢)

3バックにしての実験的要素がふんだんに詰まった試合だから、結果に関しては500歩譲って受け入れましょうとも。

ただ。

・ノリオが田中隼にやられてずるずる下げられて結局4バック化
・中盤の運動量に負けてボール収まらず
・ドゥトラとやり合えてた徳永を起点に右からの攻撃が精一杯
・終盤負けてるんだからボール取りにいけや
・前節の梶山はやっぱり確変だった?

これだけネガ要素が大量にあるんだよねえ。
で、肝心の3バックですが、

当分使えない

だって、ノリオを前目で置くために3バックにしたのにそのノリオが下がるようじゃねぇ……
もう機能不全もいいところ。

実験と割り切ってる(んだろう)から、今節の結果に関しては不問としますがね。
次節どうなることやら。まさかないよなぁ、3バック継続なんて。

まったくポジ要素がない試合だったなぁ。
(今日出来が良かった増嶋はどうなんだって話ですが、最近のまっすうはあれくらい出来ると思ってるし、ジャーンのポジションを脅かすんだったらあれくらいやってもらわんと困るんで、ポジ要素とはしませんよ。ポジ要素にならんことがポジ要素だ、って倒錯してるなぁ)

言い忘れてたけど主審は勉強しなおしてくれ。
ジャッジングが全く一貫してなかった。
まぁ、そうじゃなくても負けたんだろうけどさぁ。

さー、次だ次。
[PR]

  by jin31110 | 2006-04-13 00:58 | FC東京

<< 甘やかすなっ! 佐藤温夏 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE