【行ってきた】第3回ダブルスNo.1

まぁ滅多にオフラインクイズの大会には行かないわけなんですが、たまたま今回は適当でした。氏と諸々ご縁があって2人で珍道中。(いや午前中はfa1氏を交えて3LCの打ち合わせとか1駅日吉に回ってAnAnとか……げふんげふん)

・登場順のくじをうりゃっと引いたら「1番」、こりゃさくっと帰れというフラグかいな
・第1関門(12→5)はペアで「2○&1○」「どちらかが5○」の条件を満たせば勝ち抜け(誤答した場合は残る1人が5○条件)。適当氏におんぶだっこ展開を期待してたのに適当氏○の後にうりゃっと押した「谷本歩実」が正解、最後は適当氏にさくっと答えてしまってなぜか1抜け
・第2関門(12→6)は40問限定でペアで4○ゲットで勝ち抜け、ただし1○ごとに解答者が交代するんで1人2○が必要(誤答はマイナスポイントの上トビ)。「ワシ先行で10問地蔵→適当氏1○→後は何とか頑張ろうプラン」のつもりが「なんちゃって楽太郎師匠ファン」の本領を発揮してワシがさくっと1○ゲットすることに。適当氏に1○付けてもらった後に「浅田真央の師匠→タラソワ」がティンと来て3○目。第3関門シードの1・2抜けが決まっていた状況だったのでここでペースダウン、3○のプレーオフはチーム2人とも華麗に飛ぶもののなぜか第3関門へ
・「敗者復活即撤収→次は楽しい日吉行き」のプランはこれにて崩壊
・第3関門(12→5)はチームで2問正解したら1セットゲット、2人が1○づつだったらさらに1セット(合計2セット)ゲット、3セットゲットで勝ち抜け。ここで適当氏が序盤に華麗なロケットダイブktkr
・その後はインチキ競馬問題(エビショー)などを散発的に拾っていったものの「伊東輝悦」を持って行かれた辺りで心が折れかけ。最後は「フェールホエール」を誤答して終了となりました
・誤答にこれだけ厳しい大会なのにチームで4×も付けたのは我々だけではないかという評判
・当日のMVPはえいこりんの手旗信号、ということにしておきます。解読できなかったけど
・準決勝は中学生コンビが勝ち上がり、Kingtower先生の悔しがり方は見習うべきだと思ったり
・決勝はトビ決着でしたが見ごたえは充分でした

・問題の難易度は絶妙。ワシに難問耐性が付いたとは到底思えませんが「判る問題までじっくり待とう」というプランが奏功した感じ
・誤答理由は「微妙に知識がずれてたor足りない」というものが大会通じてほとんど。意図的にひっかけたような問題はワシが聞いてる限りは気になりませんでした。さすがじゃーほわ先生というところでした。もちろん問読みの方も上手かったんだと思います
・演出もシンプルながらツボを押さえていて大会ホスト側としても勉強になるところが多々ありました
[PR]

  by jin31110 | 2010-10-18 14:27 | オフラインクイズ

<< 「賢押杯側のフリバ会とA-1が... ミーさんA級ライセンステストの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE