「ほっ」と。キャンペーン

サッカーの本質って、何だろう

J1第24節 東京 0-1 大宮

攻め込んでる時間帯に点が取れず、相手の一撃に沈んで敗戦。
この展開は城福前監督の時にもよく見させられた光景ではありましたが、その過程には結構な違いがありました。

ゴール前の迫力は確かに出てきたと思います。
ボールの収めどころがないのは結構厳しい(平山は元々ポストマンだと思っていませんし、森重に梶山の役割を要求するのはさすがに厳しいでしょう)んですが、それでもボールを前に運ぼうというチャレンジングな姿勢は見えました。

サッカーにおける本質。
それは当然「相手より多くゴールを奪う」ことです。
ボールロストしないことは「相手より多くゴールを奪うための方法の一つ」として重要ではあるかも知れませんが、本質ではない。それは「サッカーの勝敗はボール支配率では決まらない」のと同様のことだと思います。

シュートを打った結果はゴールかこぼれるかCKかGKなわけで、枠を食わないシュートは要するにボールロストなんですが、城福監督のチーム作りは突き詰められていくにつれてどんどんボールロストを恐れるサッカーになっていきました。
必然的に安全なところでボールを回すようになり、チームからチャレンジングな姿勢が失われていったことについては目を背けてはならないと思います。

城福監督の志向するサッカーは、その思いと裏腹な「ボールを失わないことを恐れない選手、あるいはその後ろ盾」がないと成立しないサッカーだった、のではないかなと思います。
(ナビスコ決勝で米本が放ったミドルもそうですが、去年私が唯一見られなかった大分戦で米本が放ったミドルシュート。あの時も「打つなよー」みたいな話があって、「これ打って外したら怒られるなーと思いながら打ちました」みたいな米本のコメントがあった覚えがあるんですが、全員とは言わないものの要するにそんな「空気を読まない」選手が必要なんだろうと思います)
少なくともこの日のサッカーは、末期の城福監督のサッカーよりもワクワク感はありました。

終盤ガス欠になってしまったところなどは調整が必要なんでしょうが、まだ残留圏までは勝点2差です。
湘南戦で勝って、仙台戦で勝って、残留争いの対象チームを1つでも増やしたいですね。
[PR]

  by jin31110 | 2010-09-27 09:59 | FC東京

<< ミーさんA級ライセンステストの... 埼玉県南部ぐるりポタリングの旅... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE