色々な思いはあったわけなんですが

「Anまつり! 特大号」は決勝4着でした。
そもそも春になってほとんどプレーをしてなかった人が突如「さータワー上るぞー」ってのは本来は相当無理があるわけで、そんな中でも出走権を頂いた上にファイナルまで出させていただいたというのは非常にありがたい経験でした。
決勝の内容自体は「うーん風が吹かなかった、というか単純に力負け」という感じで、もちろん負けて悔しいという思いはなくはないんですが、それよりも充実感の方が大きかったです。

そもそも、「ミーさん=大会の主催者」という図式が固まってしまうのが結構嫌で、「それなりに強いんですよ」ってところを見せたいと思ったのがタワーをガチ上りするにあたっての動機でした。
メンバー的にだいぶ自分が格下だというのはわかっていたんですが、それでも席に着いたらやっぱりそれなりに欲は出るもので……

常々大会については「誰が一番強いのかを決めるのが大会じゃないんだ、強い奴らの中で誰が一番勝負の神様に愛されてるかを決める大会なんだ」ってことは強く思ってるわけなんですが、まだ愛され方が足りないんでしょうねぇ。
とはいえ、今日の負けについては割と納得感があるというか、これで負けたらしょうがない(逆転ラウンドで最後に突っ込んだテクについては確かにほとんど見えてませんでしたが、どのみち単独引けないと意味が無いシチュエーションだったので、突っ込んだこと自体には後悔してません)という感じでもありまして、敗者復活タワーのみなさんの代表としては恥ずかしくない戦いは出来たのではないかと思っています。

飲み会やら大会前やらでは、タワーで削りあった方とも色々お話させて頂きました。
タワーをガチ上りされたかたとは色々お話もあうもんであります。

さて、次は王子ですね。……王子?

今日ご参加された皆様、観戦されたみなさま、お疲れ様でした!
[PR]

  by jin31110 | 2010-06-26 22:43 | Answer×Answer

<< 賢押杯2011出場資格について... グループリーグ予想の結果 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE