第2代スポーツタワー総統によもぎ氏就任、評議員は4名が初当選

10月10日(土)から12日(月祝)まで行われたスポーツタワー総統選挙では、前副総統のよもぎ氏(静岡)が総統に初当選した。

前総統の駄菓子菓子氏の実質的不出馬による混戦が予想された選挙戦であったが、よもぎ氏が前副総統の実力を発揮して総統に初就任、選挙戦での力強さを示す格好となった。

また、副総統には前回選挙で評議員10位のNKL氏が就任。ジャンルランカーの力を遺憾なく発揮した。

前回選挙から評議員席を守ったのは新総統および新副総統のほか、にいもニャン氏、如意棒氏、ジョブーブ2氏、ミー氏の計6名。その他キング・ヌノ氏、EDDY氏、TAKAY氏、ヨープレイト氏が新たに評議員に就任。最後の議席の当選が締め切り時間の12日21時を回っても決まらない混戦の中、実力者のア~ルグレイ氏がヨープレイト氏との得票率差で涙を呑んだ。

トップテンボーダーが174階得票率差というのは漫アゲタワー総統選(ボーダー174F)を上回る激戦であったが、終わってみれば実力者がその実力を遺憾なく発揮したタワーだったのではないだろうか。

---

最終盤の粘り勝ち「諦めたらそこで選挙戦終了だよ」

苦戦が伝えられていたミー陣営は最後の最後で猛追。最終的には昨年同様、評議員8位の座を確保した。

171Fまでは票を順調に伸ばしていたが、その後ぱったりと票の動きが止まった。ハイリスクで強引に進まなければならなくなった時間帯に入っても、なかなか票を伸ばせない。最後の最後、170Fからのラストチャレンジで当たったのは山修氏、そしてEDDY氏。
「山修氏が連想、EDDY氏が積み重ねで助かりました。恐らく逆なら負けていた」
正確さに定評がある山修氏と押しの速さでは天下一品EDDY氏。ハイリスク勝負となった山修氏は172F表示、ここでの敗戦は選挙戦そのものの敗戦となる戦いだった。
「山修さん、EDDYさん、ともにいい巡りあわせが来たおかげです。正確な押し、誤答しない積みはあまり慣れていませんでしたが何とかできました。次の勝負ではどうなるか全くわかりませんが、まだまだ一線で戦えることくらいは示せたのではないでしょうか」
最後の7戦のハイリスクで全勝。押して考え隊のリーダーが評議会の貴重な議席を確保したのは、21時を回ってからのことだった。押して考え隊は漫アゲタワーでALI氏が、自然科学タワーでマッド?氏が評議員席を確保しており、これで評議員席は3席目となった。

---

「愚痴聞いて損した」最後の1席はヨープレイト氏

最終日の比較的早い時間帯で174Fを確保していたヨープレイト氏はア~ルグレイ氏の猛追を僅差で振り切り、評議員席を獲得した。
徐々に評議員席のボーダーラインが上がる中、最後の最後で得票が止まり174Fでストップ。選挙戦を共に戦ったミー氏に「得票率差で負けたらしい」との情報をリークしていたが、選管最終結果の発表では評議員席を確保。この報道にミー氏は「ヨープレイト氏には当選おめでとうございますと言いたいと思います。最後にかわして蹴飛ばしたつもりでしたが、しぶとく残られたのであれば愚痴聞き代として何か下さい」と付け届けを要求しており、今後の展開に注目が集まっていない。

(アルニャニーラ=共同)
※コメントその他は帰ってからレスします! ありがとうございます!
[PR]

  by jin31110 | 2009-10-13 14:01 | Answer×Answer

<< 数字で振り返るスポーツタワー 去年と同じく >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE