きっちり勝ち切れる強さ

J1第18節 大宮 0-3 東京

まぁ、コンディション状態的に明らかに不利なことは戦前から判ってたわけですが(中2日→中2日の3戦目と中6日ですからねぇ)、それにしてもボランチの2人が悪すぎた。
梶山も米本もボールロストしすぎです。きっと両者にはハーフタイムでヒロシから雷が落ちたことでしょう。

というわけで、前半終了直前の平山のゴールは非常に助かりました。
消耗戦になったら(大宮が消耗戦を仕掛けてる感じはありませんでしたが)明らかにうちが不利だったと思うので。
消耗戦を阻止し、大宮を前に引っ張り出すことが出来たこの先制点は非常に大きいものだったと思います。

ディフェンスも最終ラインはよかったですね。
とにかく、今日の試合はボランチが悪かったにも関わらず何とかなったという点でいい試合でしたね。
(試合の出来まではさすがに期待していませんでしたが、3点も入るとは思いませんでした)

ところで祐介はどうするんでしょう。
あれではいない方がむしろマシなんでは……
せっかくもらった出場機会なんだから、心を動かしてくれるような動きを期待したんですが。

というわけで、選手は明日のエコラシコ参加後はオフらしいですから、ゆっくりじっくり休んでもらいたいものです。
気づけば2位グループの背中もくっきりと見えてきましたが、この大宮戦・広島戦に勝って初めて上位への挑戦権を獲得できるんだと思いますから。
[PR]

  by jin31110 | 2009-07-18 23:24 | FC東京

<< 嫁が帰ってこないのをいいことに その瞬間、スタジアムが一瞬凍った >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE