臥薪嘗胆

J1第13節 東京 2-3 川崎F

本当に強いチームは、ジャッジングがどうであろうと勝ち点を拾っていけるチームだと常々思っています。(あるいはジャッジングを味方に付けられるチームね)

川崎にだってそういう時期があったでしょう。
城福監督に言わせれば昨日は「我々を勝たせまいとする何か」が働いていたように思えたのかも知れませんが(検証されていた方がいましたがブルーノのファウルはエリア外でしたし、梶山のタックルは正当なものでした。まぁ「倒れたもの勝ち」といったところだったんでしょう)、昨日の敗戦をジャッジングのせいにしてしまっては敗戦から学ぶものがなくなってしまいます。
ジャッジングが不当だと思うのであれば、それを跳ね除けるだけの強さを身に着けるしかないんです。

そういう意味では、2-1の後の石川→茂庭の交代は非常に疑問が残りました。
他の方が指摘されている通り、あの場面は一旦4-4-1の守備ブロックを作って試合を落ち着けなければいけなかったと思うんですが、中盤の右に入るのが平山である意味はなかったと思います。
恐らくベストチョイスはカボレ→茂庭だったと思いますが、さもなくばカボレをトップではなく左MFの位置に下げ、鈴木を右に回すべきだったのではないかと。
平山が中盤の右に入ったのを見た森が、本来の仕事場の右サイドから左に動いてましたね。ラフで抗議も多く嫌いな選手ではありますが、目ざとく見てるなぁ、と思いました。

実際、不得手な仕事場に突っ込まれた平山がいる左サイドを割られ、3失点目を喫してしまったわけです。

まだまだこのチームには経験値が足りないんだなぁと痛感させられたゲームでした。
CB退場というスクランブル状態になった時に、残った戦力でどうゲームを作るのか。(あるいは壊すのか)
この辺りの判断は今日のメンバーであれば羽生がやるところだったんでしょうが、いないんだから誰かがやらなきゃいけないわけで、ここが監督もチームもまだまだナイーブなんですよ。

川崎だってここまでしたたかになるには長い年月がかかりました。
経験値なんてものは、一朝一夕には手に入らないものだと思います。

さてナビスコの予選が3節入って中断になるわけですが、現状では選手層を厚くすることに主眼を置くんだと思います。(勝たなくていいよって訳じゃないですよ、念のため)
大竹、田邊、椋原といった若手が伸びてきてくれることを期待しますよ。
[PR]

  by jin31110 | 2009-05-25 10:48 | FC東京

<< ありゃりゃん 第6回プロアンサーズ&時報マッ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE