現実を見つめなきゃ(監督が)

J1第6節 東京 1-2 千葉

梶山を前に出して羽生を後ろに下げたら2人とも死んでしまった、ってことだと思うんですがねえ。
去年の4-3-3をどうして放棄してしまったんだろう。

羽生下げて梶山上げる→前線からプレスがかからない→ボール奪う場所決まらない→気が付けば自陣ゴールまえで相手選手がフリー→オワタ
(上記を2回繰り返す)
効率的なプレスがかからないから結果として梶山や徳永が疲弊して終盤踏ん張れないんだと思うのですよ。

あとスローインもまともに投げられない長友は一回外した方がいいと思います。以上。
[PR]

  by jin31110 | 2009-04-18 21:25 | FC東京

<< 第6回プロアンサーズ フレパは毎週木曜日! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE